カテゴリ:美しいオーラの目覚めをあなたに( 27 )

■27/ヒーリングデザイン


suuji01
いままでこうやってりゅう仙人が思いつくままキーボードをオートマチックライテ
ィング状態で書いてまいりました「美しいオーラの目覚めをあなたに」にも、また
追加ページが出来てしまいました。


oteradayo 1
こうやっていろいろと書いてまいりました内容というのは「オーラをツールとして
どのように使いましょうか?」という内容がほとんどでございます。

りゅう仙人にとってオーラをツールとしておこなっているものといえば、リーディ
ングや、ヒーリングやオーラリライトメント、それと、オーラを使って好きな人と
つながること、オーラで経営、カラーメディシン、オーラのおシゴト、自分の健康
のこと、オーラ潜在能力やオーラ感覚を磨きましょう、などということなどなどを
ひたすら書いてきましたね。

asitodaiti
そうして、いろいろと自分のオーラをツールとして使ってゆくうちに、これはオー
ラを使う人の「想う」をそのまま「成る」にしてくれるために、いわゆる「ガイド
エネルギー」のようなものであるよということに気がついてきたのです。


suuji02
オーラの役目とは、この「想う」と「成る」をつなげることなのです。オーラなど
という見えない系エネルギーなのに、ちゃんと形として結果を見せてくれる実用的
なものとして思えるようになってから、こうやってホームページを立ち上げたわけ
なのです。


syanaue1
「想う」ということを「成る」というものに変換してゆくためのプロセスエネルギ
ーとして、オーラをもっとノウハウ的に、ハウツーっぽく、わかりやすいものとし
て説明できるようになるといいだろうなと、強く思いながら書いて来たのでありま
した。


suki
りゅう仙人にとってオーラとは、肉眼ではハッキリは見えないけれど、それを使え
るようになれば、自分の考えているいろいろなことを完成に導いてくれる「見えざ
る願望達成マシーン」として、オーラを感じております。

今回は、その見えざるマシーンを使ってコトをすすめてゆくプロセスそのものに名
前をつけてしまおうということから、今回のページを追加させていただくことにな
りました。


suuji03
何でも名前をつけたがるりゅう仙人は、そのプロセスに「ヒーリングデザイン」と
いうようにつけてしまいました。

こうやって「名前を付ける」ことで、自分の行為に対して意識的になれるというこ
となのです。


Buddha-ball02
それと、ヒーリングデザインという名称の、アタマに「ヒーリング」とつけたのは
やはり、この世の中での自分もまわりも、きっと求めているのはヒーリング的エネ
ルギーであるだろうと決め付けておりますし、だから、ヒーリング以外のには「デ
ザイン」するほどのことも無いだろう、と思ってつけた名称なのです。

まちがえていただきたくないのは、ヒーリングとついているから誰かにヒーリング
エネルギーを送るようなヒーラー的行為を「ヒーリングデザイン」ということでは
なく、先ほどから書いている「想う」から「成る」への、モノゴトの発想→完成ま
でのプロセスに対しての名付けであって、ジャンル問わず、「想う」から「成る」
までのすべてのことに対して「ヒーリングデザイン」と言っているのであります。


rose2
ここでひとつ、ヒトの思考のカラクリについてお話しいたしますが、自分が何かを
「想う」と、その想いがなぜか自分のオーラのカラダや肉体や神経や脳の中にエネ
ルギーの波、つまり「波動」が起きるようになっているようになっているのです。


suuji04
これは感情、善意、使命、欲望、野心などが含まれる目標意識波動や、その反対の
不安、損得、他者からの評価、漠然とした迷い、などのようなネガティブ波動など
までもあらわれてしまうのです。

あるいは、好き・嫌いとか、快・不快など、気持ちを開く・閉じる、などのデータ
なども、波動としてあらわれてしまい、その波動は「リーディング」で調査するこ
とができます。


yaritai
さらにその波動データからは、自分のことだけでなく、自分と関わる相手や周囲の
人たちの想いや環境状況のことまで、データの中に含まれているのです。
ですから、その「想う」が、ちゃんと「成る」へ完成するかどうか、あるいはどう
やったら完成に達するのだろうか、という「答え」まで、その「想う」の波動の中
に含まれているということなのです。

こんなことしたいな、こうやろうかな、こうやったらどうだろうか、と、ヒトは何
か「成る」ために、いろいろと「想う」ことをやります。


akaka (9)
その「想う」がカラダの内外に波動(エネルギーの波)を起こし、その波の動きが
「成る」に向って、潜在的・表面的に活動をはじめるのです。

だから、ホントに「想う」ことが出来れば、あとはもう自分の波が動き出し、その
波が外界に伝わり、共鳴や同調を起こして「成る」に向います。


suuji05
ただ、その「成る」というものは、必ず完成に向うかどうかはわかりません。もし
かして失敗の方に「成る」という形に向う可能性だってあるわけです。「想う」の
強さが弱かったり自我の欲望のみであれば、当然そういうものは良い方向へは行か
ないわけですからね。

そのように、「想う」から「成る」へ向う法則やプロセスがあるのです。このプロ
セスを自覚化・意識化できないと「想う」から「成る」へとつなげることができな
いわけです。このプロセスが大切なのです。このプロセスをちゃんと管理できるこ
とがコトを形にする上ではたいせつです。そうしないと、「想う」だけおこなって
「成る」にならず、「成る」の結果ばかり追いかけて「想う」をしない、というこ
とになってしまうのです。


eyegazo (84)
こういう「見えないエネルギー」を扱ってゆく世界の人たちは、すぐ「自然体」が
大切だとか、「あるがまま」していれば良いのだとか、「なるようになる」みたい
な言葉を使って毎日を送ってゆくような感じを思わせますが、それだとあまり見え
ないエネルギーの存在を大切にはしていないような気がしてならないのです。きま
まにしていても、それは真の意味の無為自然体ではないからです。


suuji06
自分の「想う」波動が外界にうまく伝わって、まるで目の前の空気が自分の味方に
なってくれているような「成る」へ向うには、やはり自分の潜在オーラを練り上げ
てゆかないと、そう思い通りにはならないのです。


eyegazo (398)
ヒトは「想う」と想った通りの波動が起きます。その波動はかならず「成る」の方
へと波が動いてゆきます。これはホントです。

こういうのを「潜在意識のハタラキ」と言います。
だから、自分の潜在意識(想い)を変えましょう、などとアチコチの成功学やら自
己変革セミナーなどでは言っているでしょう。

しかし、そうは言っても、そう簡単にはいきませんよね。

そんなに簡単に行けばだ~~れも苦労しないでコトが出来るようになりますよね。
潜在意識を変えるのは表面意識やら左脳系の思考ではできません。
それよりもむしろ「身体の感覚」の方が潜在意識とつながっているのです。

何か「想う」をやったとき、身体の内側から「良い感覚」が起きたとき、それがそ
のまま良い波動となっていることがあります。


suuji07
何か「想う」をやったとき、身体の内側から不安や恐怖や不信の感覚が起きたとき
それがそのまま波動となるのです。「想う」とどんな感覚になるか?という感性が
とても大切です。「想う」とイヤな感じがする、というのは、そこには何かそうな
る理由も存在しているのです。


pagegazo (27)
ですから、ちゃんと「成る」ためには、良い「想う」が必要なのです。
ヒーリングデザインは、まずは「想う」から始まります。いろいろと「想う」をや
りましょう。その「想う」の波動が良いものか、良くないものかを判断するときに
りゅう仙人は「リーディング」をおこないます。

ヒトが「想う」をやると、その「想う」からある種の波動が出ていて、その波動に
良いものと良くないものがあるのです。それはそのまま「成る」に向ってしまいま
すので、良い「想う」をやらなければなりません。


410007_1492715190s311
しかし、自分で良い「想う」だと思っていても、リーディングしてみないとわから
ないので、リーディングして答えをもらうのです。
自分で「想う」データにリーディングして、この「想う」は自分やまわりにとって
良か不良かをチェックしてゆくのです。


suuji08
このリーディングには、ふたつのスタイルがありまして、意識的に自分のオーラを
使ってたずねながら進めてゆくのと、もうひとつはある種の「体感」を元にして良
か不良かをみきわめてゆくというスタイルがあります。

おたずね式のリーディングというのは、このホームページや「りゅうの巻」のあち
こちで書いている通常のリーディングを指して言っておりますが、この「体感」を
元にリーディングに関してはあまり書いてはいませんので、ここでちょっとお話し
してみることにしますね。

ヒトの身体というのは面白いもので、脳と全体というのはつながっておりまして、
とくに脳と筋肉は深いつながりがあるものなのです。さらに筋肉とオーラも深くつ
ながっておりますので、脳→筋肉→オーラ、というように脳の情報がオーラへと伝
達されてくるようになっているものです。

ではいったい脳からオーラへとどんな情報が伝わってくるのか?といいますと、そ
れはおおざっぱに言ってしまうと「快・不快データ」なのです。


kurukuri (129)
なんて書くと、な~~んだ!って思われるでしょうけど、ヒトの感じる「快・不快
データ」というのは、かなりアテになることが多く、そこには「可能性が有る・無
い」とか、「信頼できる・できない」「うまくいきそうだ・いきそうもない」「安
全だ・安全じゃない」などのようなことまでをキャッチできるように出来ているも
のなのです。


suuji09
この方法=正式リーディングではありませんが、潜在意識のエネルギーというもの
は別名「集合的無意識」とも言われ、あらゆる答えがこの地球上にあり、そこから
自分にとって必要なものを引き出すことが可能である、という超心理学系で言うと
ころの原理などもあり、それをたとえとしてリーディングのホンの一部を「体感」
として説明させていただいております。


futari003
こういうことをヒーリングデザインとしての「想う」のために使うとしましたら、
たとえば何か「想う」をおこなったら自分の体感はどう変化するだろうか?と、ご
自分のオーラ反応を観察してみてゆきますと、そこに何かしらの変化が起きるので
その反応を見逃さないようにして「イエス・ノー」を決めてゆく、ということが出
来るのです。

ただ注意して欲しいのは、けっしてそこに「感情」は入れないで、単純に「体感」
を探ってゆくことです。

今ここに書きました「感情」とは、不安やら不信やら憎しみやら執着やらということ
で、これがアタマの中にチラついている状態でこの方法をおこなっても決してうま
くはいきません。やればやるほど自分の神経が不安定になることがありますのでも
しそうなったらあなたのオーラは「体感」を感じるにはそのためのトレーニングを
要する、ということになります。ですから、そうなったらやめてくださいね。


onna
ですから、そういうようになるタイプの方はあまり「恋愛問題」のためにはお使い
にはならないほうがよろしいと思います。どうしてもそういうことに使いますと不
安定になる方も多く、よほど「オーラのお仕事」の意識でも持っておこなわない限
り、たとえお友達のためにやるのもやめたほうが良いでしょうね。とにかく恋愛の
問題とは、ホントに感情的なものがからむということで、世の中で一番やっかいな
相談内容だと思っております。


suuji10
「体感」を使って何か「想う」をやったとき、自分の体感が元気に良い感じになれ
ば、それはイエス、自分の体感が緊張したりチカラがヘンに抜けたりしたら、それ
はノー、と決めてよろしいと思います。


sirusis-0411
ヒーリングデザインとはこのように「想う」を「成る」に方向をつけるためにおこ
なうプロセス全体の流れを管理することを言います。

その全プロセスはこのページで書くのは不可能ですが、「成る」の元は「想う」か
らですから、何か「想う」をおこなって「いいなー」って自分のオーラが成れば、
きっとそれは「うまくいく」の元にはなっているものなのです。

あとは、「成る」ための環境作りや関係性づくり、自分の気分の高め方や考え方な
どもちゃんとそろえないと、その「いいなー」もフイに終わることもありますね。


aishiteruland
ヒーリングデザインとは、コトを成し遂げるためのノウハウですから、当然ですが
自分自身にもエネルギーが必要です。そのエネルギー調達のことまでヒーリングデ
ザインの中にちゃんと含まれています。


eyegazo (17)
りゅう仙人はそのエネルギー調達のためには「自分に対しての言葉の管理(つまり
悪い気分になる言葉は決して思い浮かべないようにすること)」「アタマのてっぺ
んにある<泥丸(にーわん)>からエネルギーを補給する(りゅう仙人の自宅でおこ
なう直接講座のコーナーを参照してください)」「目の前の空気とつねに交わって
ている」、などがあげられます。


suuji11
普通ならモノを考えるとか思うとかというものに対してはあまり「ノウハウ的な見
方」はてしないと思いますが、考えるとか思うとかに対してもただダラダラとやっ
ていても無駄な時間を過ごしてしまったり不良感情をおびきよせてしまったりして
しまいます。


suki
この考えるとか思うとかに対して「ヒーリングデザイン」としてのノウハウを使う
ことによって、コトを「成る」に向わすことが出来る、ということです。

点を線にして、線を面へ、面を立体、さらに自分と他者との関係性へとなって空間
伝達感覚へ、空間に対して時間エネルギー、と次元を上げてゆくには、点というす
べてのスタートである「想う」がヘマだと、先はつぶれるのです。


gazo (75)
この「想う」のときは、けっしてヘタな損得計算やら自分への不信やら周囲の目な
どを盛り込まず、純粋に「想う」をやってくださいね。

何でもそうですが、成功した人たちをリーディングしてみると、以外に純粋な気持
ちからスタートしていることが多かったりするのです。そして、周囲も、その純粋
さから動かされて「成る」ために協力してくれたり理解してくれたりするものです
から、あまり「生活感レベル」の損得次元でヒーリングデザインはしないでくださ
いね。あなたのオーラが生活臭くなってしまい、老化したオーラになってしまって
はとりかえすのにとっても時間がかかってしまいますからね。


suuji12
りゅう仙人がヒーリングデザインを使って何かをおこなうときは、先ほど書きまし
たようにまずは「リーディング」というものから始まります。

リーディングとは「読み取る」ということですが、それは「答え」を読み取ること
です。そして、答えを読み取るためには、その対象に対して「何かをたずねる」こ
とから入ります。

質問の無いところに答えはありません。質問もしないのにどこからともなく答えが
来ることはありません。


gazo (73)
リーディングとは、何かが自分にとりついてきて勝手に答えらしきことを耳元でさ
さやいてくれるようなオカルト式ではないのです。自分の「想う」に対して「オー
ラの対話」をしながら進めてゆくのです。

ここではあまりリーディングについて、その方法までくわしく書くことはしません
が、まずは、良い「想う」をすることから始めましょう。

良い「想う」があれば、きっと良い潜在意識が育ってゆくでしょう。そして、そこ
から「成る」へのプロセスをみつけてゆきましょう。


Air Fondu Method 
それが「ヒーリングデザイン」です。その作品は、きっと自分へも他人へも、ヒー
リング的効果がひろがってゆくということになれば、大成功!というものであるわ
けです。なぜなら、この全世界の人々が一番欲しいものは、やっぱりヒーリングエ
ネルギーであると思うのです。

ヒトにヒーリングエネルギーを送るようなことならば、きっと成功するのですよ。


love1
それが今の時流なのかも知れません。それは恋愛でもシゴトでも経営でも芸術作品
でもエンターティメントでも、相談業でも、家庭内でも、学校内でも、そうだと思
います。


(お・し・ま・い)


   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-07-03 06:49 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■26/オーラなカラダを作りましょう


suuji01
りゅう仙人は、もともとは、「何にも知らなかった人」でした。

そう、知識も、知恵も、経験も、こういうオーラのことを教えてくれる師も、書物
も、仲間も、自分のオーラを試す環境も、自分のオーラを使う必要も、もともとは
ありませんでした。


100562_355954769211
今だって、オーラを使う環境にありながらも、その場所に決して安住してしまって
はいないのです。りゅう仙人にとってオーラの世界とは、決してどこかで安住する
ことなく、一箇所にとどまることを知らず、何者からも染まらず、誰からもまるめ
こまれず、特定の会社や団体や財産を持ったりもせず、いつも動いて変化して・・
・・、というところにりゅう仙人はいるせいか、りゅう仙人の意識の奥には、常に
どこか「何も知らない自分」というのがあるのです。

全部何かを知ってしまったら(こんなことは絶対にありえないことですが)、もう
それ以上のものは見つかりませんし、意欲も進歩も失せることでしょうね。
さて、何も知らないりゅう仙人にいろいろと教えてくれたのは、他でもない、りゅ
う仙人自身のオーラ体が導いてくれていたのだというのを、つい最近になって気付
いたのです。


ps
あとは、ある種の環境や必要性、出会いや場によって、その時その場で、オーラの
使い方を「教わる或いは知るハメとなった」という感じなのです。

前のページで書きましたとおり、りゅう仙人はいつも一人二役で、自分が師匠で自
分が弟子、なのです。それはまさしく、オーラ体が師匠で、肉体が弟子、のような
感じかもしれません。


suuji02
オーラの使い方は、アタマで理解するのではなく、常にカラダで理解するのです。
オーラを使うために、或いはオーラを使ってモノやコトを知るのに、こんな小さな
アタマでは何も出来ず、やっぱりカラダで、オーラ体の使い方を知らなければいけ
ないのです。オーラで~、と言えば、もう身体全体で、という意味ですよ。

自分自身を、「オーラなカラダ」に作り変えることが、大切です。「アタマなカラ
ダ」では、ホントに頭で考えるだけです。


open
モノやコトって、考える→動く、というのが一連の流れですが、オーラなカラダの
持ち主はこの流れを自然に起こすことが出来ますが、アタマなカラダの持ち主では
どこかブレーキというのが無意識にかかります。

だから、いくらアタマでは考えているわりには、ぜんぜん前に進まなかったりする
わけです。

アタマなカラダでは、うまく「潜在意識」とつながることができません。潜在意識
というもの自体が、あまりアタマとは深くは付き合っていないようであります。
オーラなカラダは、想うことがそのまま、外界に伝わってゆきやすく出来ているの
です。


suuji03
それで、オーラなカラダを作るためには「潜在意識系トレーニング」をしなければ
なりません。これは、一種の呼吸法とか、体内エネルギーの流れの観察とか、身体
の各部に意識を集めてその部分に感覚を保持することとか、自分の身体に意識を向
けて、外界に心を散漫させないようにして、自分の内部世界を見るトレーニングを
することで、オーラなカラダは養われてゆきます。

オーラとは、エネルギーの微細な粒子ですから、これがお外に散ってしまっては困
るのです。ちゃんと集めて使わないと、オーラもただのケムリと同じになってしま
います。


IE273-075
潜在意識の養成は、「想ったことを行動に起こす」ような自分を作ります。何かを
成功するためには、とっても必要な意識です。モノゴトが思い通りにゆくのかゆか
ないのかは、大半がこれにかかっております。

外界にエネルギーが散っていると、潜在意識エネルギーも、散ってしまいます。
たとえばこんなトレーニングがあります。「アタマのてっぺんに意識を向けてくだ
さい」と言われ、普段はそんなところに意識を向けることなんてまずありませんの
で、なかなか出来ないわけです。


suki
或いは、「手のひらに意識を向けてください」とか、「足の裏に意識を向けてくだ
さい」とか、「手と足の間を川の流れのように流れてつながっているイメージをし
てください」などのような、カラダの内面感覚を目覚めさせるようなトレーニング
もあります。


suuji04
こんなことやって、ナニニナル?と思うでしょうね。まあ、健康面で言えば、気の
流れ、血液の流れ、コリの解決、雑念邪気の洗い流し、などに効果は出ますが、オ
ーラなカラダを作ることから考えたら、それはホンの一部でしかありません。

オーラなカラダは、決して健康面を高めるためにやるのではありません。ついでに
健康にはなるとは思いますが・・・。


has
こういうトレーニングをおこなうことの目的は、「思った場所に意識を集める」こ
とをしてゆくうちに、「そこにエネルギーが流れる」となり、「体の中のエネルギ
ーを思うままコントロールする」ようにしていますと、意識と感覚、心と体がつな
がって、気が付いたころには「思ったことを行動している」という、潜在意識を強
化することにつながるわけです。


3つのムラダーラチャクラ
よく、呼吸法をおこなうことで、自分の潜在意識世界に入る扉を開けることが出来
る、といいますね。呼吸法とは、ただ単に表の空気を吸って酸素を取り入れるとい
うラジオ体操のレベルのことではありません。


suuji05
ここで言う呼吸法とは、身体の中を流れる生命エネルギー(東洋ではよく「気血の
流れ」といいます)のルートに意識を向け、その流れを意識の動きを使ってコント
ロールして、全身手足胴体頭部骨格内すべてにエネルギーをめぐらせることを言い
ます。そうこうしてゆくうちに、自分の内面に小宇宙らしきものが出来、そうこう
してゆくうちに、外界の宇宙とつながるようになるわけです。


star7
こういうことを練ってゆくには、表面の五官を使うよりは、意識や感覚を自分の身
体の内側に向け、自分の内部を観察しながらおこないます。身体の中に、もうひと
つ、空気でできたようなカラダを作るようなイメージです。

体内コントロールを「自由」におこなえるということと、外界に対して自由に自分
の想いが実現する、というのは、どこか裏表の関係です。

思い通りに体内感覚をコントロールできると、外界と内面とは「空気でつながって
いる」ので、内面で自由が起きれば、外界でも自由が起きるということとつながり
ます。これこそ「潜在意識の働き」なのです。


kii
たとえば、自分の内面で、エネルギーが活性化されて、脳の中から「幸せ波動」が
出るようになったとします。そういう方が、外の空気で誰かさんとつながると、そ
の「幸せ波動」がその相手につながるのです。


suuji06
これは、空気を媒介として、自分と相手というのが、天秤のようにひとつつながり
になってしまうのです。そうやって、相手の人に良いエネルギーを送ることをヒー
リングといいますね。

自分のカラダの中のエネルギーを思うどうりにコントロールできるということは、
「想う→動く」ということがスムーズにつながるということにも通じるのです。
モノゴトがうまくいかない人は、このあたりの故障であると言えます。想いが外に
あらわれずに、中で止まってしまって動かない、という故障です。


telepasi1
人は、外界と内面との間に生きています。「想う→動く」というつながりが、外界
内面をつないでいます。このふたつをつなぐことが潜在能力です。その潜在能力の
あるカラダを「オーラなカラダ」といいます。

このように、やや通常の日常的なことではない「潜在意識系トレーニング」ことを
おこなってゆきますと、自分の内側に秘める「内宇宙」とか「小宇宙」というもの
にたどりつきます。

始めのうちは、単に「自分自身の内側」を感じるだけにすぎなかったものが、深み
を増してきますと、自分自身の内側には、単に自分だけがいるのではなく、そこに
は外界とつながれる意識、つまり「集合体無意識の中」にまで入ってゆけるという
のが、潜在意識の世界です。


katarikake006
自分の中に入っていってみたら、そこにはなんと「自分の外側の世界とつながって
いた」ということになるわけですね。

「潜在」というくらいですから、「潜っていってたどりついたところ」ですから、
自分の内側を潜ってゆくと、何かと出会えるのです。自分の奥を潜ってゆくと、そ
こはもう、自分だけの世界ではないのです。


suuji07
いろいろなオーラの能力は、この、「オーラなカラダ」が元になっています。オー
ラなカラダは、内なる潜在能力を外に開かせる能力を高めます。そのための基本の
基は、体内エネルギー活性化させて、いわゆる「気をオーラに変換する」ことが大
切なのです。


hika
気はオーラの原料です。こいうことは、22ページの「天と地の間に人がいる」とい
うところでも似たようなお話しは書きましたので、後からもう一度お読みになって
ください。

オーラとは、電球で言うと、外界に発せられた「光」を指していいますが、気とは
電球まで運ばれている「電気」を言います。これが止まってしまったら、光は発せ
られませんね。


denti
人の身体の中の電気が止まってしまうと、良いことはひとつもありません。この体
内の電気は、ゴハンを食べるだけでは作ることは出来ませんし、睡眠をとるだけで
もダメです。恋愛して気持ちがパッとすることで電気が高まる可能性もありますが
、失恋しないという約束は出来ないのが恋愛ですから、そうなったらきっと、電気
も止まってしまうでしょう。

仕事がうまくいくとか、宝くじが当たったというような喜びも電気を生みますが、
しかしそれも、いつどうなるかわかりませんし、どれをとっても「外界からくるも
の」では、あまり体内の電気を養い育てるのは向かないかも知れません。


suuji08
身体というものは不思議なもので、自分の意識を自分の体内に向け、ある一箇所に
向けると、そこにエネルギーが集まってきます。だんだんポカポカと体温が上がっ
たり、ボワンと重みが出たり、ジリジリとした流れを感じるようになるかもしれま
せん。


hhh
そして、その集まったエネルギーを、例えば手から足の方へと、うまいこと誘導す
ると、そこに「流れ」が起きます。この「流れ」が体内の電気なのです。

身体の中には電気のプラスとマイナスと同じように、陰と陽のルートがあります。
この両方に、うまく同時に体内電気を流すことが出来るようになれば、電気が流れ
て光が発するようになる電球と同じように、身体から発する光のオーラが強く発せ
られるようになります。

その陰と陽のルートへ体内エネルギーを流す方法は、文書で書くのはとってもやっ
かい、かといって、クチで言ってもわかりづらいことなので、その教え方は、「り
ゅう仙人の体内感覚を生徒に空間コピーする」ということでお伝えしております。


pagegazo (20)
つまり、先ほどから書いております、りゅう仙人の潜在意識を、空気越しに生徒に
伝達することで、りゅう仙人の感覚をコピーするような感じで伝えるわけです。
これが一番簡単だからです。


suuji09
もし、こういうことをクチで説明を受けたり、本で学ぼうとすると、数年は(或い
は数十年)かかると思いますが、りゅう仙人が電話回線で空間コピーすると、アタ
マを超えてオーラのカラダに伝わりますから、非常に短期間で理解してゆけるので
す。早ければ数回、遅くても数十回、というところでしょう。


a025cut
通信講座の中では、講座をお受けになる方は、りゅう仙人が先生で、講座生の方は
生徒、という関係ではありますが、しかし今後長いこと、このオーラの世界の中で
ご自分を高めてゆくうちには、あなたのオーラが師匠で、あなたが弟子、というよ
うな、一人二役的な自分が出来上がってゆくと思います。

そのためには、やっぱり、アタマなカラダではなくて、オーラなカラダが必要とな
ります。


yukkurii
そのためには、もっと空気と交わって、自分がだんだんと「空気になりすます」よ
うな感じになることが大切であって、その「空気と交わる」ということのために、
いろいろな呼吸法や、イメージ法、感覚法が、あります。その内容はこのページで
書くことは出来ませんが、こういういろいろな方法で、自分と空気とが、どんどん
密接な深い関係になり、やがては自分が空気のようになっていくようになれるので
す。


suuji10
「空気と交わってひとつになる」というのは、目の前にいる空気さんに、「こっち
へおいでよ」と語りかけ、そして自分のカラダに呼び、そして交わって、ひとつに
なるプロセスでおこなわれます。

交わると、手から足へと、或いはカラダの胴体部分にある循環ルートの中を巡
っていただくのです。

交わった空気は、自分のエネルギーの元となります。ゴハンや睡眠では得られない
空気中のエネルギーの粒子を体内にめぐらせるのです。


11010000750
それままるで、「空気とラブラブ」になっているような気分、と言っても大げさで
はない、とってもとっても大安心な境地なのです。

オーラなカラダになると、自分が肉体感覚を超えた感覚になりますので、空気とい
う、「見えないけど有る」エネルギーと、つながれるようになります。

物体よりも、空気・空間の方が存在感を感じる、というようになると、もう、いっ
ぱしの「オーラなカラダの人」かも知れません。



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-07-02 06:10 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■25/オーラリライトメントのこと


suuji01
ここまでリーディングについて、ヒーリングについて書いてきましたから、あとは
もうひとつの「オーラリライトメント」を書けば、このシリーズはまとまります。


lalala41
その後は、「オーラなカラダを作りましょう」の世界が待っています。

りゅう仙人は過去に、こういうオーラの使い方とか、知識とか、書物を読み漁った
こととか、どこかの偉い先生のところに訪ね歩いたような経験は、ほとんどありま
せん。

リーディングにしても、ヒーリングにしても、ほとんど他人サマのやっているやり
かたって、あまり興味ありませんし、受けたことも、調べたこともありません。し
かしそのわりに、教えてばかりです。


hasu
学んだことがないわりにはよく教えられるよな、と自分に思ったりしていますが、
これはりゅう仙人お得意の、「空気伝授の法」を使ってますから、それはそれでい
いということにしているのです。


suuji02
でも、ナニモノかがりゅう仙人にこういうことを伝授してくれない限り、こんなこ
とが出来るハズありません。そうそう、りゅう仙人にも師匠はちゃんとおります。

それは、りゅう仙人の中にいる「カラダの中のカラダのエネルギー」とか「目の前
空気空間」などが、りゅう仙人の師匠です。


nesyaka-kun
これは、自分が師匠で自分が弟子、というような、おかしな関係を結んでいるよう
な感覚です。

りゅう仙人は、このように、いつも「一人二役」を演じています。
その一人二役というのは、考えてみれば、リーディングのときでもヒーリングのと
きでも同じような感じです。

りゅう仙人は、目の前の空気になりながらも、相談者・講座生になり、しかもりゅ
う仙人自身にもなっているのです。

3つのムラダーラチャクラ
リーディングやヒーリングのときは、目の前空間に、たくさんの人のオーラデータ
を並べることもありますし、一人二役になる対象は、まだまだあって、カラーチャ
ートやリライトメントの言葉ディクショナリー、リーディングチャートのときもあ
りますし、或いは空気の中にひそんでいるりゅう仙人の守護空間なども、一人二役
の相手です。

電話を使って、自分の家の中でたったひとりだけでお話ししているハズではあるの
ですが、実はりゅう仙人の目の前には、たくさんのいろいろなオーラさん達をお招
きしているゲスト・ルーム空間なのであります。


suuji03
リライトメントとは、「上書き」とか「書き換え」という意味で、これはりゅう仙
人の造語です。


annaiyo
例えば相談者の方がよく言われる、「デハ、ドノヨウニシタラ、イイノデショウカ
?」という時、オーラリライトメントを使います。

相談者の方がりゅう仙人にきいてきた質問を、りゅう仙人はそのまま目の前空間の
中にいる「知恵のエネルギー」にたずねます。

「デハ、ドノヨウニシタラ、イイノデショウカ?ときいていますが、どうしましょ
うか?」というように、たずねます。


02221000173
答えというものは、きけば返ってくるもので、その答えはおかしな肉声とか変な霊
のお告げではなく、地球の潜在意識と相談者の方の潜在意識のふたつをあわせもっ
た答えですから、それも「データ波動」として答えが来ます。

リーディングのページで書きました、赤い色を見ると、肉眼で見える赤い色ではな
くて、赤い色の波動データがオーラで感じられるようになる、と同じような感覚で
空間から「答え」が来るのです。


suuji04
きけば答えるリーディングです。
きかなきゃ答えぬリーディングでもあります。

リーディングとは、明確な質問を向ければ、必ず答えが返ってくるのです。
それは、「どうやったら◎◎さんと××さんがうまくいくようになのるでしょうか
?」とか、「この人に必要なオーラは何色のオーラエネルギーでしょうか?」「こ
の会社はどうやったら今後発展するようになりますか?」「この人の持っている才
能はどういう系でしょうか?」・・・などなど、きけば答えるリーディングなのです。

それで、来た答えを「データ波動化」させて、相談者の方にお送りします。或いは
相談者の方が、「◎×◎×のようになりたい」といわれれば、そのご希望をそのま
まデータ波動化させてお送りします。


fuki-dasinounou
しかしこれは、リーディングとヒーリングの両方が出来て、しかも「自由な精神の
持ち主」でないと、やれないかも知れません。

当然ですが、おかしな、変な相談者もいるわけで、そういう人が望むことと言った
らもう、分不相応というか、身のほど知らずというか、執着のかたまりと言うか欲
望の権化と言うか、もうどうしようもないことを言い出してくるわけですから、普
通の神経のカウンセラーとか占い師やヒーラーだと、きっと頭がおかしくなること
享けあいでございます。


suuji05
「想い」というのは、みんな「波動」で出来ています。このふたつを合わせてひと
つにした言葉を「想いの波動」と言います。

例えば、成功する人というのは、そういう成功系の「想いの波動」があるから成功
するわけで、失敗する人やうまくいかない人は失敗系の「想いの波動」を持ってい
ると見てよろしいのです。

「何言ってんだ!ヒトの気も知らないでっ!」と、出来なかった理由を並べたてて
反論してくる方もいらっしゃるかも知れませんが、しかしやっぱりどこかで、あま
りよろしくない「想いの波動」を持っていることは確かであります。


aishite
この「想いの波動」は、何も自分だけで作りあげているわけではなく、環境や人間
関係、好みや気分で、まわりから否応無く作られてしまっている場合があります。
波動の合わない者同士がそばにいると、当然ながら、不良感情がおきます。これは
自然にそうなってしまいます。

しかし、やっぱりオトナの世界に住んでいらっしゃる方は、そういうものをカオに
は出すまいとするせいか、気持ちの奥底に悪しき気持ちがたまってしまいます。
ガマンしたから偉いわけではありません。オトナは不便です。


suuji06
そうこうしているうちに不良感情データはますますたまって、最悪最低な「想いの
波動」が体内に蓄積され、そこからどんどん悪い波動が派生してしまいます。


kirei.16
そういう方が、「人生がもっとうまくいくようになりたい」と思っても、難しいも
のです。それが自分で作ったものではなく、環境に作られてしまった最悪な「想い
の波動」ですから、本人の意思ではどうもなりません。

こういうのも一種のトラウマの部類に入ると思います。或いは、潜在意識の奥底の
方にモウダメダメ波動データが書き込まれてしまっているかもしれません。

人間は、ひとたび「イヤだ!」となってしまった心は、なかなか変化しないもので
す。

よく、どうしても◎◎◎◎だけがうまくいかない、という方がいて、「デハ、ドノ
ヨウニシタラ、イイノデショウカ?」とたずねられますが、もう、本人の意識では
ダメなので、外部から新しいデータを書き換えなければなりません。
それをオーラリライトメントと言います。


jibun.123
どのようにオーラリライトメントをするのか?と処方は、りゅう仙人が独自勝手に
決めるのではなく、まず相談者のご希望を元にして、次に潜在意識からの答えを元
にして、さらに空気空間の中の知恵のエネルギーを元にして、それらを複合させた
りしながら、ひとりひとりのご相談者に合わせたオーラリライトメントのためのオ
リジナルデータを作ります。

それは、相談者の方の好きな言葉でもいいですし、過去の楽しかった経験でもいい
ですし、好きな色でも、尊敬する人の姿など、相談者から見て「これがイイナ!」
というものがあれば、それを使って、リライトメント波動をつくります。

つまり相談者の方の「お好み波動の入ったオーラ」を作って、相談者の方にお返し
して差し上げるというものです。


suuji07
よく、りゅう仙人が「オーラをデザインする」という言い方をするのが、オーラリ
ライトメントなのです。

りゅう仙人は、毎日自分で「オーラリライトメント」をやっています。りゅう仙人
は、ひたすら「自分が空気に成りすます」というのがテーマであります。

なにしろこれが一番曖昧で、一番具体的で、一番実用的なものだと思っているから
です。


horumo2dainoji
りゅう仙人は、やっぱり「オーラが財産」です。しかしオーラとは、元をただせば
「空気」ですし、この空気は誰のものでもないし、人類すべてのものでもあり、い
くらイラナイよと言っても付いてくるものだし、わたしにだけたくさんたくさんち
ょーだい、といって自分のものにするにもしてもたかが知れています。

りゅう仙人は、この地球のすべての空気とひとつになって、さらにホンマモンの仙
人になりたい、というのが願いであるわけですから、いつもこのような意識を持っ
て、常に「自分が空気に成りすます術」というのをおこなっている次第です。

りゅう仙人はこうやって、自分でセルフリライトメントが出来ますが、何かに行き
詰まってしまった方は、そうはいきません。


eyegazo (25.1
それで、外付けハードディスクみたいな役割をりゅう仙人がするわけです。相談の
時に、空気でりゅう仙人と相談者とをつなげて、見えないケーブルをつけて、オー
ラリライトメントのデータを送って差し上げるのであります。


suuji08
オーラをあつかうには、やっぱり、自由な精神・遊びの精神・形の無いものを自由
にあやつる創作能力が必要です。何しろ、相談者の方々は、オーラをあつかう人を
まるで神様のように見ていますから、時には「神様に成りすます」くらいの気持ち
がないといけません。

なにしろ、見えない空気を道具としておこなっていくのが「オーラのお仕事」です
から、まるで空気でお城を作ってあげて、「ほら、ネ!」というような自由な創作
能力を育てていくようにしましょう。そうしないと、こちら側の「想いの波動」が
実現化しないのです。


Fetish ! (59)
相談者にお願いされたことに対して、こちら側が「えー?そんなこと出来ない!」
なんて言っているようでは、ホントに出来るものも出来なくなってしまうのです。
ここでひとつ、例として、カラーチャートを使った「オーラリライトメント」のく
わしいお話しをしてみましょう。

相談者とのお話しの中で、「この人には赤紫のオーラを送ってあげよう」というこ
とが決まったといたします。

それで、相談者の方と電話でお話ししながら、目の前には赤紫のカラーチャートを
置いておくことにいたします。

それで、相談者の波動をリーディングしてりゅう仙人のオーラの中に相談者のオー
ラデータをお招きいたします。

そのまま、赤紫をリーディングいたします。そうしますと、りゅう仙人のオーラの
中には、相談者のオーラと赤紫のオーラのふたつの波動が交ざります。


415119_1975775445s1
そうやって、りゅう仙人のオーラ・相談者のオーラ・赤紫のオーラの三角関係を静
かに瞑想状態を続けてゆきますと(時間にして5分から15分くらい)、相談者の
ところに、赤紫のオーラデータが飛んでゆきます。

これは、相談者をリーディングしながら、赤紫をもリーディングして、これをやっ
ているりゅう仙人自身がこの両者と波動を同調させながら(ヒーリングのページで
書いたようなことです)、だんだん相談者のところにうまいこと赤紫を送ってしま
うということです。

こうなると、一人二役ではなく、一人三役以上のこともやってのけるわけでありま
す。これがたくさんのデータをあつかうようになると、ホントに目の前がオーケス
トラのように、自分が指揮者にでもなったかのようなオーラ気配りが出来ないとな
らなくなります。


suuji09
まあ、しかし、りゅう仙人がここまで出来るようになったのも、すべては相談者の
みまさまのおかげでございます。

今でこそ、やっと落ち着いて来て、お付き合いする方が通信講座生が多く占めて来
ておりますが、一時は、もう、ホントに相談者が毎日毎日、声が出なくなるくらい
までお受けしていたこともありました。


esper
その中で、相談者からは無理難題をけしかけられたり、コマッタ解決不可能な要望
を詰め寄られたりと、大変な思いをしていた時期もありました。

それはそれは時には冷たい答えが出てしまい、今でこそ「オーラリライトメント」
という術を用意してありますので楽ではありますが、そのころはまだこんなことな
ど思いも付かなかった頃、冷たい答えで電話を切った後は、もっと違う言い方がな
かったかなーー、と独り夜な夜な瞑想して、その答え瞑想から引き出したこともあ
ったわけです。

そんな経験を繰り返しながら、こういった「オーラリライトメント」という発想が
生まれたわけです。


yoisigoto
これも、もっとオーラを自由に使えるようになりたいな、とりゅう仙人が想ったか
らこそなのであります。


suuji10
この「オーラリライトメント」というものには、コレデイイヨという終わりはあり
ません。すべてが自由です。ただ、基本になっているものは、リーディングとヒー
リングのテクニックですので、これは理解しておきましょう。

リーディングとヒーリングとは、呼吸で言うと、リーディングが吸う息・ヒーリン
グは蓄える息・リライトメントが吐く息、というように、この3つは「ひとつつな
がり」になっています。

「オーラリライトメント」は自由にものごとを見ておこないましょう。
たとえば、男性にもてるようになりたいな、という方がいらっしゃったら、もてる
人の波動をリーディングして、その方に転写(リライトメント)すればよいのです。
昔はもっと元気だったんだけどなー、という方には、その方の昔の頃をリーディン
グして、昔のデータを今のその方に転写しましょう。


annai
儲かっていない会社の社長さんでしたら、どこかの儲かっている会社の社長をリー
ディングしてその方に転写しましょう。

りゅう仙人のように自由にわがままに生きてゆきたい、と言ってきた方には、りゅ
う仙人のアキレタオーラデータをお送りするようにしております。これはなかなか
人気のようであります。


pagegazo (23)
というように、アッチにあるオーラデータをコッチ、コッチにあるものをアッチと
いうように、自由に楽しく、明るくやればいいのです。

だいじょーぶ。オーラデータには著作権なんかありませんから、いくらコピーして
もリライトメントしてもリーディングしても、物的証拠はゼロですから、ね。
・・・・、ということで、みなさん、楽しくやりましょう。


kirei.18.14kirei.18.14
後は、さらに、「オーラなカラダを作る」と、続きます。このあたりから、りゅう
仙人の内なるカラクリが見えてくるようになるかも知れません。


gazo (66)
デハデハ、お楽しみに・・・・。




   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-07-01 07:18 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■24/ヒーリングのこと


suuji01
ヒーリングの意味は「癒し」という意味ですが、しかし、その言葉の意味も、考え
てみれば、すこぶる曖昧なもののようでございます。


20041000230
「癒し系」とか呼ばれること自体が、どこか時流を追った商品名的な雰囲気すらも
感じさせられますし、特に芸能人やアイドル、モデルなどに付加価値的な呼び名と
してつけられたり、或いは異性を評価する価値観や好みや分類学としても用いられ
ているようです。

「◎◎◎さんって、癒し系ですよネ」というように、よく使われておりますね。
特に、話しかた、言葉、発声においては、1/fのゆらぎの波動が出ていると「癒
し系だ!」などと言われ、森本レオがその代表のように言われているようでござい
ます。


ryu50
りゅう仙人の話しかたも、よく「癒し系」というように評価をいただき、電話リー
ディング相談の中で、通信講座の中で、時々、「あのー、めがねをかけて横分けで、
ちょっとたれ目っぽい感じですか?」などと、森本レオの顔・姿などをイメージさ
れたりいたしますが、残念ながら、りゅう仙人の見た目の姿は、話しかたからイメ
ージされるような、森本レオ風な顔姿ではありませんよ。


suuji02
みなさん、癒し系というとすぐ、地味でマジメで欲の無さそうな庶民的な人柄を連
想されるようでございます。

ところでりゅう仙人は、ヒーリングというものを、人格者のやることとはとらえて
はいないということは、メールマガジン「りゅうの巻」の中でも書いています。


love
人格者だから人を癒すことが出来るとか、人生を苦労してきて世の中の酸いも甘い
も乗越えて来たから人を癒せるとか、或いは、かわいそうな人への同情心が強いと
か、他人のために何か一生懸命やりたい気持ちがあるから人を癒すことが出来ると
いうことは、ヒーリングの世界には一切ありません。また、相談者の辛い体験話し
をいっしょに泣きながら聞いてあげられるから「癒し」でもないのです。

ヒーリングとは、このような「人間的な業」でないのです。何かというとすぐ、心
とか、気持ちとか、低次元的意味合いでの「愛」だとか、人間好きだからとか、ヒ
トを見ているとほおっておけないタチだから、という見方だけではヒーリングは出
来ませんし、実はそういうものは、有っても無くても、どちらでもよろしいことな
のでございます。ヒーリングとは、もっと淡々としたものです。


suuji03
ヒーリングとは、「ヒーラーの波動とクライアントとの波動を同調させることでエ
ネルギーの共鳴・共振・共感を起こし、今まで非活発的だった体内エネルギーに動
きの目覚めをうながすことで、精神・肉体の健康向上をたすける」と、このホーム
ページの中のみので、りゅう仙人のヒーリングへの考えをあらわしておきます。


652_237s
何でもそうですが、誰かが◎◎◎◎とはこういうものだ!と言い切ってしまいます
と、他者のやっていることはダメモノという見方になってしまいます。ですから、
このホームページの中での「ヒーリングとはな~に?」へのご説明として、今この
ページで書いていますので、お読みになる側でも、「ヒーリングの世界もいろいろ
あるが、いろいろある中でのりゅう仙人のヒーリングはこうなんだな~」というよ
うにお読みになってくださいね。


shiawase orenge
まずここで、先ほどから書いてまいりました「波動共鳴」ということを、もうちょ
っとくわしくお話しいたしましょう。

すべての物体からは、ある種の周波数が出ていて、これは人間からも出ています。
その周波数というのは、決して単独で存在できるものではなく、何かと常に共鳴・
共振をしています。

ちゃんと共鳴・共振していないと、その周波数というものは、だんだんと元気の無
いものになっていってしまったりするのです。


gazo (64)
例えば、共鳴の出来る人といっしょにいるのと、共鳴出来ない人といっしょにいる
のと、どちらが楽でしょうか?答えは絶対に前者ですよね。

音叉も、同じ音階のものをふたつ置き、片方の音叉をたたくと、たたいていないも
うひとつの音叉に音が共振して、ふたついっしょに鳴り始めます。


suuji04
この共鳴や共振といったものが、人間の世界で言えば、喜びであったり、愛であっ
たり、生命エネルギーの高まりであったり、やすらぎ、癒し、ということになるわ
けですね。

病気の身体を持つ方、或いは精神不安定の心を持つ方からは、このような共鳴や共
振があまり見られず、共振や共鳴が無い分だけ、鳴り響いていない、振動していな
い不活発状態になっているわけです。

不調な心や体というのは、どういう状態を指して言うかといいますと、つまり「振
動が不活発」である、ということです。

このままほおっておくと、この振動が止まってしまうかも知れません。生命という
のはエネルギーの振動ですから、それが止まってしまう、ということは「死」を意
味します。体の死と、心の死、「死」は「止」です。


eyegazo (308)
しかし、ここで、止まってしまいそうな方に対して、波動を合わせ、共鳴・共振を
させたら、どうなるでしょうか?おそらくきっと、また共鳴・共振のおかげで、内
なるエネルギーの振動数が高まってくるわけです。


suuji05
鳴り響いていない、振動していない状態を、何とか救うために、どうしても「外界
のものとの共鳴と共振」が必要です。

共鳴・共振というのは、決して「単独」ではできず、必ず「パートナー」が必要で
す。そのパートナーのことを「ヒーラー」と言います。

(そういえば、メールマガジン「りゅうの巻」を発行する前は、「ヒーリングパー
トナー」というメールマガジンを発行していたこともありました。)


gazo (107)
ヒーラーがヒーリングを行うとき、クライアントの波動をリーディングして、ヒー
ラーのオーラの中に呼び込みます。そうすると、波動的にみると、ヒーラーは一時
的にクライアントと同じ波動になってしまいます。

つまり、この世の中に、クライアントがふたりいる、という状態になります。
先ほどの音叉の例を思い出してください。同じ音階同士でないと、共鳴・共振が起
きないのですから、人間同士も同じで、こうやって、ヒーラーとクライアントが同
じ音階になるために、リーディングというものを使います。


gazo (56)
このように、ヒーリングにはリーディングが付き物です。それをおこなわないでヒ
ーリングをおこなうと、ただ単にヒーラーの持っているエネルギーを送り込むだけ
で終わり、そうなると波動共鳴共振とは別物になる可能性も出てきます。
ヒーリングとは、ヒーラーがただパワーを送り込めば良いというものではないので
す。


suuji06
こうやって、ヒーリングとは、相手の波動をリーディングを使って自分のところに
呼び込み、ヒーラー自身がクライアントの波動になりきったとき、さきほどお話し
した「同質同士の共鳴・共振」を起こすことを目的としております。

クライアントに必要な波動とは、他でもない「クライアント自身と同じ波動」だっ
たのです。


suki
同じでないと、共鳴・共振が起きず、逆の波動をぶつけますと、そこには共鳴や振
動を打ち消しあってしまい、やがて、止や死になってしまいます。

波動共鳴出来ない人同士でいると、こういう状態が起きてしまうということです。
そういう生活をしていますと、必ず病気や不運、精神的にも感情的にも、すべてに
悪い結果が現れたりもいたします。

リーディングで、「同じ人が2人いるような状態」というものをヒーラーが作り出
しますと、それをされたクライアント側はいったいどんな気持ちになるのかといい
ますと、「ひとつになったやすらぎ」「つながり合ったよろこび」「一体感から起
きる安心感」「元気が目覚めた」「身体が温かくなった」「雑念が減った」「信頼
感をおぼえた」、という状態がおきます。


suuji07
当たり前ですよね。なぜなら、自分と同じ波動を持った人がもうひとりいるわけで
すからね。それはそれは親近感や仲良し感覚が起きるわけです。

ヒーラーは、リーディング能力を使って「相手と同じ波動の状態」を作り出し、相
手と共鳴共振できる状態をつくるのです。


katarikake001
これは電話を通じて遠隔でもおこなえますし、直接お会いしてもおこなえますし、
集団で同時におここなうことも可能なのです。

りゅう仙人は、常に、「目の前の空気」と波動を合わせています。空気を自分に呼
んでいると、空気の波動が手のひらから足まで伝わって、やがては足の下の地球の
奥にまで通じるようになりますし、やがては頭の上の天の空間とまで交わることに
なります。

それに、地上のすべてのヒト・モノは、この空気の中に存在しておりますので、こ
の空気と波長を合わせておくことが、とっても大切なのです。


suuji08
空気とひとつにさえなれれば、もうだいじょーぶなのです。
元々、みんなみんな、空気の中でひとつですからね。この空気の波動を感じるには
やっぱりリーディング能力が必要ですよ。

リーディングとは、相手対象の心の中を覗くとか、探るとかいうことではなく、相
手対象のオーラ波動を自分のオーラ空間の中にお招きすることだと、ご理解くださ
いね。

よく、りゅう仙人はリーディングが出来るからコワイ、などと言われますが、そん
なことはありません。わざわざリーディングしようとしない限り、そうヒトのこと
はわかりませんし、第一、リーディングは仕事のときしか使いません。


hati
普段の生活では常に空気さんが相手なのであります。それに、りゅう仙人は、他人
の心の中のことよりも、空気さんの方が付き合っていて楽しいですし、ね。

ヒーラーとクライアントがつながるのも、常に「空気越し」です。お互いの振動オ
ーラ波動を共鳴させるわけですから、肉体と肉体のつながりではなく、オーラとオ
ーラのつながりとなります。

オーラとオーラである限り、距離というものを超えます。空気でつながっている地
球の中でしたら、ヒーラーの波動は、空気越しに伝わってゆけるわけです。だから
遠距離でも可能なのです。


suuji09
ヒーラーにとって「空気の中」には、ヒーリングするときのエネルギー源がありま
す。空気からエネルギーをいただき、空気越しにクライアントとつながり、空気の
中から「ヒーリングディクショナリー」をひもとき、そこからいろいろなお知恵を
いただいたりいたします。


tatemono.22new
つまり、空気と相談し、空気にいろいろおたずねしながら、ヒーリングしてゆくわ
けです。

「りゅうの巻」にもこういうことはたくさん書いてありますが、相手の人とオーラ
でつながるときにも実は空気さんにお願いしている次第でございます。こういうこ
とが出来るためには、まずは「空気をリーディングする」ということから始まるの
です。

このように、ヒーリングをおこなうにはリーディングというものがどうしても基本
になってまいります。このために、前ページに書いてあります、「カラーチャート
を使ってリーディングのトレーニングをする」ということを通信講座の中でリーデ
ィングの基本をお教えしております。

自分のオーラとカラーチャートを同調させ、共鳴・共振させるようなことをしてい
ますと、オーラの共鳴体験を理解でき、ヒーリングというものがだんだん分かって
くるのです。


mainn
たくさんのカラーチャートを使って行いますが、それは、リーディングで「自分が
いろいろな色になれる」ということをおわかりになっていただくためでもあるわけ
です。

そうやって、色のトレーニングから始まって、だんだんとヒトの波動と同調・共鳴
・共振が出来るように、なっていっていただくのでございます。

ヒーリングとは、「自分と相手の波動共鳴のこと」ですから、それはカラーチャー
トでも、空気でも、ヒトのデータサンプルでも、目の前にあるコーヒーでも、道を
歩いてネコでも、空を飛んでいるハトでも、何でも誰でもいつでも、ヒーリングの
トレーニングが出来るようになります。


setumei (20)
どんなものでも波動共鳴共振させてみましょう。そこに、なんともいえない「つな
がり」と「空間共振」がわかるようになるものであります。

そのとき、自分の脳波を観察してますと、確かにそこには「ヒーリング波動」とい
うのが出ているのでございます。



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-30 07:42 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■23/リーディングのこと


suuji01
では、これからの23ページ・24ページ・25ページの連続3ページを、この「リーデ
ィングのこと」から書き始めて、「ヒーリングのこと」「オーラリライトメントの
こと」と、オーラ能力のメニューについて続けて書いてゆきます。


katarikake006
この3つは、本来は「ひとつつながり」で使うものでありながら、説明してゆく都
合上で3つに分けて書いてゆく形になってしまいました。

この3つのページを続けてお読みいただくと、この3つが「ひとつつながり」であ
ることがおわかりになるかと思います。通信講座をお受けになっている方のための
テキストみたいな感じにもなっております。


jibun.1479
そしてさらに、その「ひとつつながり」がうまくいくためには「オーラなカラダ」
というのがその元になっていますので、そのことも26ページに続けて書いてゆきま
すので、どうぞそのページも続けてお読みくださいませ。


suuji02
まずはじめは、「リーディングの仕組み」についてから説明してゆきましょう。
この世の中のすべてのヒト・モノからは、必ず、固有の波動データが出ています。
その固有の波動データを読み取ることが、リーディングというものです。


eyegazo (409)
その波動データというものは、肉眼には見えません。というよりもむしろ、肉眼を
使ってしまうと、感じられなくなってしまうようです。

リーディングとは、この見えざる波動データを読み取ることをいいますが、当然で
すが、肉眼以外の感覚を目覚めさせることが、必要になってくるわけです。

ここでひとつ、色を例えにお話ししてみましょう。ここに赤い色のサンプルがあり
ます。これを普通に肉眼で見ますと、みなさんご存知、普通の「赤い色」というも
のが目に入ってまいります。

これは赤でなくても、緑の色を見れば、普通は肉眼を使って見ますので、目の中に
は「緑の色」が入ってくるはずです。(こんな当たり前の話しをわざわざ文章にす
るというのもどうかとは思いますよね。)


suuji03
こんなに普通に肉眼を使ってモノを見ているだけでは、それは「リーディング」と
は呼べません。リーディングとは、肉眼ではない、もうひとつの感覚を使ってヒト
やモノから出ている波動データを感じるテクニックを言います。

ヒトやモノからは、肉眼では見えない「見えないデータ」が、物質としての姿形と
重なって存在しているのです。


gazo (116)
赤い色にしても緑の色にしてもどちらも、物理的な「波長」とか「振動数」という
ものが出ていまして、赤い色なら何ミクロン、緑の色なら何ミクロンという、波長
データというものが、物理的に出ているのです。これは、測定器を使えば、もちろ
ん数字で表すことの出来る波長データでもあります。

見えないデータを見るためには、そのための特別な感覚をトレーニングして、自分
のオーラが測定器になれるように訓練すればよいのです。オーラの通信講座はそう
いうことをおこなっているのです。


suuji04
この波長データは、あたりまえですが、肉眼では見えません。むしろ、肉眼を使っ
て色を見ようとすればするほど、それは感じられなくなります。


b004cut
しかし、漫然と肉眼を使って見るのではなくて、自分の中の「もうひとつの感覚」
を開発して、この色のデータを感じようとすれば、だんだんとこの「見えざる波動
データ」が感じられるようになるのです。

その、もうひとつの感覚とは、肉体のまわりをおおっているオーラ体、或いは肉体
の内部を流れている体内オーラの感覚のことをいいます。

肉眼を主に使うことの代わりに、この「もうひとつの感覚」を目覚めさせるトレー
ニングをしてゆきますと、肉眼で見える色のデータとは別に、もうひとつのデータ
感覚が感じられるようになるのです。


suuji05
それは、見えない「振動数」として感じられるようになるのです。
色によって、それぞれ感じられる振動数も異なります。赤の振動波長はとっても長
く(ここでは虹の色をサンプルに説明します)その次にオレンジ、その次に黄色、
緑、青、紺色、の順番に振動波長が短くなって、一番短い振動数を持つのは紫色で
す。さらに赤紫がもっと短くなります。


futarino
オーラというのは光のことです。太陽光のスペクトルを見ますと虹の7色が見られ
ますが、面白いことに、この各色は、身体の各部分と対応しております。赤は下半
身あたり、オレンジは下腹部あたり、黄色は胃のあたり、緑は胸あたり、青はのど
あたり、紺色はひたいあたり、紫は頭頂あたり、というように、色と身体の部分は
それぞれ対応されているのです。

こう考えると、太陽の光と人の身体は、色でつながっているというのがよくわかり
ます。そう考えると、なんだかとっても不思議です。

生命とは光である、なんていうとどこかの宗教みたいですが、オーラという、物理
的イメージとして考えても、それは当たりのようです。


suuji06
色の波長を感じる能力である、「もうひとつの感覚」を目覚めさせるためには、通
信講座ではカラーチャートを使って練習しますが、赤い色のページを開き、まず肉
眼でチラっと見たら、その後は身体全体のオーラで、その色から出ている「振動波
動データ」を自分のオーラに受信するトレーニングをしてゆきます。そういうとき
の自分のオーラというのは受信アンテナになってしまうのです。


tenohira
これはやってみるとそんなに難しいトレーニングではなく、ただただリラックスを
しているだけで出来てしまうようになります。外界からやってくる、波動データを
ただただ受容感覚を持って感じるトレーニングです。

※(このページを読みながらおこなってもおそらく出来るようにはなれないと思い
ます。このページはマニュアルではないからです。通信講座では、りゅう仙人のオ
ーラ能力&感覚データを、講座生に遠隔でコピーするような内容でお教えしていま
ので、それで短期間に理解することが出来るというシステムなのです。)


suuji07
こういう、一見「極秘のトレーニング」も、知らなければきっと一生知ることの無
い内容ではありますが、知って学んで習得すると、とっても自然体な感覚の集合体
であるのです。オーラのトレーニングには、必要以上の不自然な集中力とか記憶力
とか素質とかはいらないのです。むしろ、ムキになってやろうやろうとするほど、
うまくいかないというところがあるのです。


eyegazo-302-290x290
リーディングとは、決して対象物を「のぞく」とか「取り調べる」というものでは
ありません。必要以上に神経を敏感にさせて、その対象に念力を使ってまで感じる
ようなことはいたしません。

自分のオーラ感覚を使って何かを感じるということは、自分のオーラに、その見た
ヒトやモノの波動が自分のオーラに転写されてくるというようになります。

ですから、赤い色を見ると、自分のオーラに赤い色の波動が、緑の色を見ますと自
分のオーラに緑の波動がやってくるという原理です。透明な空気の色を見ますと自
分のオーラが空気色の振動数になってくるのです。


suki
オーラを使って何かを感じようとする人は、その人のオーラが「見たものになって
しまう」ということになります。


suuji08
これは、肉眼だけを使った、単なる物体の客観的な観察の目でしたら、その両者の
間には「空気のつながり」は感じられませんが、オーラ感覚を使って何かを感じる
ということしますと、地球の空気と身体のオーラというのは元々親和性があります
ので、「見る(といっても、りゅう仙人は電話回線を使って遠隔リーディングをい
たしますので「見る」という言葉は当てはまらないかもしれませんが)」という行
為は、即ち、「見られる(向こう側から伝わってくる)」という関係性になってし
まうのです。(ちょっと、このあたり、難解でしょうか?)

こういうオーラ能力は、自分と相手は空気でつながっているという前提の意識のも
とに成り立っていますので、だんだんと、自分と相手との境界線がとっても曖昧な
感じになり、やがて「ひとつ」になったような感覚になります。


asitodaiti
これはまるで、電話みたいに、かけた側と受けた側という関係性が、つながってし
まえば相互つながりになるのと同じようです。ふたりのどちらがかけても受けても
つながってしまえばそれでいいわけですね。

それはオーラでヒトやモノを見るのも同じです。見ると、見られるし、こちらから
つながってゆけば、向こうからもつながってくるのです。


suuji09
オーラを使って色を見ると、自分自身もその色の周波数になるわけですから、これ
が色ではなく、ヒトであったらどうなるでしょうか?

たとえばB子さんを見ますと、りゅう仙人のオーラのところにはB子さんの波動デ
ータがやって来るのです。


jibun.144
それは、直接会っても電話で話しても、メールで来ても、手紙を見ても、名刺であ
っても、ちゃんとB子さんの波動がやってまいります。そしてさらにB子さんとの
「オーラ対話」までも出来るようになります。そうやって、B子さんにいろいろな
ことを「質問」したり、「お答え」をいただいたり、というリーディング能力が深
く使えるようになるわけです。

すべてのヒト・モノからは、このように、固有の波動データが出ております。
それは先ほどお話した色だけでなく、お店でも街でも、学校でも病院でも、家具で
も家の中の空気からでも、何からでも出ています。


dainoji
そして、オーラ感覚を使って、それらから出ている波長を「意識的に」リーディン
グしなければなりません。


suuji10
リーディングとは、どこからともなく変なものがとりついて答えを教えてくれるこ
ととか、知りたくもないことを勝手に知ってしまうようなことでもありません。
ちゃんと、そのオーラデータと向かい合って「対話」して、活用することでありま
す。

オーラ感覚を使ってヒトやモノを見ることで、今まで肉眼でしか見ていなかったヒ
トやモノが、まったく違った「もうひとつのデータ」を知ることになります。


horumo
たとえば、色でいうと、「紫」とはどんな波動なんだろうと思ってリーディングい
たしますと、紫の波動を「オーラ体験」することになりますので、「そうか、これ
が紫の波動なんだー。さすが精神世界では最高と言われている色の意味がこ
れでわかったよ」ということになるわけです。(もちろん、紫にも良いものと悪い
ものもありますので、ちゃんと虹の色の中で使われる紫をお勧めいたします。)

緑色がヒーリングカラーと言われていますが、ただ何となく肉眼で見ているだ
けではその意味が理解できません。緑色をリーディングしてみると、自分のオ
ーラ全体に緑色波動がやってきますので、緑色はヒーリングカラー、という意
味がオーラでおわかりになれるわけです。


kirei.137.2
実は、黄色もとっても透明感のあるヒーリングカラーなんですよ。(ただ、黄色
もいろいろとありますので、変な黄色からは不安定な波動が出ていますので、
虹の中の黄色がおすすめでございます。)


suuji11
オーラとは、言語のようなものでもあります。オーラ翻訳システムを使って、肉眼
からでは得られないデータ情報を翻訳して読み取ることが出来るのがリーディング
でございます。肉眼語とオーラ語とがひとつになって成り立っていますので、バイ
リンガルのようなものですね。

どこかのコマーシャルで「英語が出来るようになると10億人と話せるようになる」
と言ってましたが、リーディングを知るということは、ちょっとどこかこれににて
いるかも知れませんね。


isro
オーラリーディングって、どこか楽しそうでしょ?



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-29 07:17 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■22/天と地の間に人がいる


suuji01
自分のオーラを高めよう高めようと思うあまり、あんまり自分のオーラのことばか
り考えていても、それはかえって進歩が止まってしまうというものであります。

オーラを欲の対象にしてしまうと、ついそうなってしまいます。


setumei (13)
たしかにりゅう仙人も、自分のオーラが財産だとか、自分のオーラ芸が身をたすけ
るとか、さんざん書いてまいりましたが、それは自分さえ良ければよい、という発
想からではありません。自分のオーラは天と地の間にあります。

今回は、この基本意識というものを、書いてみますね。

自動車は、ガソリンをスタンドから入れて街中を走りますが、電車は、上について
いるパンタグラフから電気を通して動いてゆきます。肉体は自動車のようです。ゴ
ハンを食べて栄養にして走ります。オーラ体は電車のようです。上(天)からエネ
ルギーをもらって動きます。天とつながっているカラダがオーラ体です。


sennninna
オーラ体は、ひとりだけで存在しているのではないのです。上からエネルギーで通
じ合って存在しています。


suuji02
先ほど「あんまり自分のオーラのことばかり考えていても、それはかえって進歩が
止まってしまうというものであります」と書いたのは、そういうことなんですよ。


midori
意識を、天と地につなげておくことが出来るようになりますと、身体の中心軸にそ
って、天と地との間の「気の流れ」が始まるのです。「気」というのは、電気の電
流や電圧と同様、流れる力の質量によって、その働き具合が変ってくるのです。

止まっている「気」というのは存在しません。肉体の中には「気」が通るルートとい
うのがありまして、流れていないで止まった時に「病気」が起こります。肉体の中
には、地下鉄のように、ぐるぐると巡っているルートがたくさんあるのです。

気が強く巡る人と、弱く巡る人とでは、その人から出るパワーとかエネルギーに違
いも生じますが、強くても弱くても、止まらずにゆっくりでも動いて流れているこ
とが大切です。


suuji03
天才と呼ばれている人は、きっと巡る力も強いのだと思いますが、使いすぎて早
くこの世を去ってしまう方も少なくないと思います。その逆に、なーんだか弱い弱
い感じの人でも、ゆったりと長生きされる方もいらっしゃいます。

この巡りを円滑にさせる条件は、呼吸とリラックスであるといえます。


uiteiru
天と地はつながっています。これは何も人間のためにつながっているのではあ
りま
せん。天(陽)と地(陰)は、人間の存在はと無関係に元々つながりあっていて
これは大自然のつながりなのです。「つながり」とは「気の流れ」のことをいいます。

それはつまり「止まらない流れ」という意味です。

天と地の間には、肉眼では見えませんが「永遠に止まらない流れ」があるのです。
これは、見えないけど、有るということですよ。


lalameisou
この見えない流れから、人間は、知らないうちに影響を受けています。この流れと
「意識的」に同調をするようにしますと、文字通り「天地一体の人」になります。
それはまるで、水の流れとともに回る水車のよう、風の動きとともにまわる風車の
ようです。


suuji04
天と地の間の「気」の流れは、「天→地」「地→天」の両方があって、これは同時
に起きています。常に起きています。時間帯でこのふたつが入れ替わることもなく
同時に流れているのです。下から上へと、上から下へと流れています。

だからこそお互いが一体になったりぶつかり合ったりと、ドラマが起きるのです。
雨が降ったり晴れになったり、曇りになったり風が吹いたり、雷が鳴ったり、湿気
が起きたり乾燥したりと、いろいろなドラマが起きているのです。


sennninnc
人の身体(肉体とオーラ体の両方)と天地の気の流れを合わせることが、オーラを
高めてゆくことには大切な意識法です。

具体的に言って、どうやって天地の気の流れと自分の身体の気の流れを合わせるの
かといいますと、そんなにむずかしいことではありません。

たとえば、手のひらの中から始まって、肘・肩・背中・骨盤・膝・足の裏、とホー
スの中を水が流れてゆくようにたどってゆく流れのイメージを作るトレーニングを
やってゆきますと、手のひらに入ってきた「天の気」が身体の中を通って、地球の
中に流れてゆきます。この逆にルートを流すことも出来ます。足の裏から始まって
上の方にたどってゆき、手のひらにまで気の流れを伝えます。


suuji05
他にも頭頂から全身に溶かしてゆくようなルートもありますし、おなかから始まっ
て尾てい骨・背骨・頭の上・ひたい・胸・おなか、と流れる循環ルートなど、いく
つかあります。

人の身体は、元々とっても天地の気の流れとは相性がよいものです。素直にしてい
れば、身体にたくさんある「気の入り口」から入っていって、それが体内に蓄えら
れるか、反動して外界に流れるか、いろいろと応用して使えるものであります。大
切なことは「流れ」です。


kirei.132
止まったものは即ち「死」です。それは呼吸も意識も同じで、天地の間にいるうち
は、止めてはいけないのです。天地が流れているのに自分だけが止まっている
と、そこには病の気が起きるというものです。流れる水は腐らず、という言葉があ
りますよね。

肉体にリキミが入っていると、天地の気は流れません。心にリキミが入っていても
天地の気は流れません。ここでいうリキミとは「気の止まり」を指していいます。

リキミがなければいいといって、ふにゃふにゃの体や心では、そこに流れがおきず
に止まりが起きてしまいます。ブレーキがかかっていたり、エンジンがない状態の
ようではいけません。身体の中が、まるで流れるプールのように、止まらない流れ
が起きていることが大切です。


suuji06
よく尋ねられるご質問なので、この場を借りてお答えしておきますが、「気とオー
ラはどうちがうの?」というのは、どうイメージできますか?


eyegazo (223)
たとえば電球があって、そのガラス球の中にはフィラメントという光を発するため
のフニフニした電線が入ってますが、ここに電気が通ると発熱して光が発せられる
というのが電球が光を発する原理です。

オーラとはこの光を指していいます。

気とは、このフィラメントに流れる電気と発熱をいいます。気は肉体に流れて、そ
の流れがオーラを光らせます。電気のスイッチを止めると電球の光は止まります。

電気が止まれば光もなくなります。気とオーラは、このような関係性だと思ってく
ださい。気は、電気と同じで、流れてナンボであります。


tentibunkatu041
このページの中では、気の流し方とか、天と地と意識を合わせる方法などは書けま
せんでしたが、それでも何となく、人の身体と天と地の流れを合わせるという世界
はイメージできましたでしょうか?

あまり簡単な内容ではないので、メルマガの中の内容みたいにちょっと説明して、
さあやってみてください、とは書けないものです。仮に「わかるように」方法の説明
を書けたとしても、きっとそれを読んでも絶対に出来るようにはならないものです。


suuji07
こういう世界は、書物などではなかなか理解できないことだと思います。でも、り
ゅう仙人と、電話講座とか自宅講座の中ですと、そういうエネルギーを「体験」さ
せてあげることが出来るので、内容としては簡単ではありませんが、体験として簡
単に感じ取ることが出来てしまうのです。

やはりこういう世界は、「アタマではなくカラダ」でご理解していただきたいと思
います。アタマというものは、考えることしか出来ません。アタマでは感じること
は出来ないのです。


on
よく、りゅう仙人が使う「意識」という言葉の意味ですが、これは「カラダで意識
する」というようにご理解ください。カラダの中を通る気の流れ、で感じることで
ございます。それが理解できますと、天と地の意識に合わせてゆくことは、決して
むずかしくないことであります。

天も地も、意識を持っておりますので、こちらの人間側が意識を向けるとちゃんと
受け取ってくれるものなのです。


eyegazo (106)
そうやって、天地とつながった状態になると、人間の中に眠っている才能・感性が
開かれてゆく状態になるのであります。

みなさん、これでだいじょーぶです。




   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-28 08:41 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■21/オーラって、どこから来るの?


suuji01
りゅう仙人は、メルマガでもホームページでも、オーラのことばっかり書いてます
から、今回の内容も、もう何度もどこかで書いているかもしれませんが、しつこく
またここでもう一度、「オーラって、どこから来るの?」を、書いてみますのでお
読みになってみてくださいませ。

こういうことは、何度でもお読みになっていったほうが、理解が深くなるものであ
ります。こうやって書いているりゅう仙人の方も何度も書くにつれて、だんだん書
き方がうまくなってきているような気がしています。


eyegazo (7)
「オーラって、どこから来るの?」という問いかけには、大きくわけるとふたつの
お答えが見当たります。

ひとつは「外界」から、もうひとつは「内側」から、というお答えになります。
「オーラって、どこから来るの?」のお答えに、間違っても「りゅう仙人が送って
くれている」とか、「大好きな彼氏がくれる」、或いは「お母さんからもらった」
というようなことはありません。


suuji02
りゅう仙人は、あなたと空気の間を取り持つ(つまりヒーリングですね)とか、内
なる癒しを捧げる(これもヒーリングです)というヒーリング効果はお伝えするこ
とは出来ても、りゅう仙人が全人類にオーラを配給してはいませんからね。
「オーラって、どこから来るの?のお答えは、ここに書きましたように、外からと
内からと、ということでありましたね。


eyegazo (176)
外とは地球の「空気」を指して言い、内とは自分の「想い」を指して言います。空
気の中にはオーラの微細な粒子が含まれていて、それをうまく自分に採り入れるた
めに「呼吸」というものを使います。呼吸と言っても、ただクチをパクパクして深
呼吸をするのではなくて、皮膚の表面の毛穴やツボ、手のひらや足の裏、頭のてっ
ぺん、眼球、おへそなどから採り入れるようなイメージ呼吸というものをしてゆく
のです。そうすることで、地球から自分に充電をしてゆくような感じとなるわけで
あります。


20041000187
次に、内なる「想い」からオーラが来る、ということですが、自分のオーラは自分
の想いで発生するという原理を持っています。自分の想いのチカラが自分に必要な
オーラを発生させることになります。


suuji03
想いというのは念力とか集中力のことではありません。思いつめることでもありま
せん。よく講座の中で「想いの技術」を教えているときも、想い=緊張した集中の
ことだと思い込んでいる方が多いのですが、使うカラダが肉体ではなくオーラのカ
ラダですから、そういう緊張したものはオーラには必要ないわけです。

では、集中力でも緊張でも念力でもない、「想い」を具体的に説明すると、一番お
わかりになる説明をいたしますと、「言葉」というものが「想い」を説明するには
わかりやすい説明であると思います。


pagegazo (20)
人は何気なく頭の中で思い浮かぶ「言葉」によって、活かされたり振り回されたり
しているわけです。こういうことって、みなさんは気が付いていないことだと思い
ますが、無意識的にマイナスな言葉を使っている人は、自分のオーラがマイナス言
葉のように発生します。無意識的にプラス言葉を思い浮かべている人は、知らない
うちにプラスオーラを発生させています。


suuji04
これは人間的にマジメだからプラス、ということはありません。むしろ、自分勝手
に好きなことばかりしてまわりを困らせている人に限ってプラスだったり、他人の
目を気にしてまわりに迷惑をかけないようにしているような善人に限って、すさま
じいマイナスだったりします。

ここで大切な基準は、善人か悪人かではなく、自由か不自由か、ということで判断
しております。なんだかんだといって、自分が不自由ですと、善人も悪人になって
しまったり、自分で自分を壊してしまったりするものであります。人間なんて、そ
んなに表面をよくしたって意味なんか無いわけですね。ぜーんぶオーラにあらわれ
てしまいます。


eyegazo (253)
オーラは、このように、外の空気から採り込むことと、内なる想いの言葉で発生さ
せることの、ふたつを使います。

これは、どちらかさえ出来ていればよろしいということではありません。マイナス
な言葉を使っていても外から強いエネルギーを採りこめば良いということはありま
せん。プラスであれさえすれば、エネルギーが弱くても良いということはありませ
ん。どうしても両方が必要です。


zukei008
しかも、それは自分の意思でおこなわないと、オーラの価値は上がらないのです。
始めの学んでいるうちは、りゅう仙人にオーラのエネルギーを送ってもらっていて
もいいですが、やはり、自分でやって自分で確かめる。そして自分で応用させてゆ
く、というのが、自分とオーラが仲良くなる秘訣なのです。


suuji05
りゅう仙人の講座も、みなさんが「自立したオーラ」になるためのメソッドの集大
成となっています。

こういうオーラの世界には、師弟関係のようなものがあったとしても、それはあく
まで親方と見習のようなものであって、親方は見習いに仕事の技を教えて独り立ち
できるまで教えるまでであって、それ以上のベタベタした教祖と信者のような関係
はありません。もしそういうことをやっているとしたら、それはオーラの世界では
ありません。カルト宗教か洗脳集団の世界でしょう。


ten-yubi
オーラ体というのは、ひとりにひとつのオーラ体です。だんだんこういうオーラの
メソッドを続けて深めてゆくうちに、「自分のオーラが自分の師匠」になってくる
ようになります。自分のオーラは自分のものであると同時に、どこか違う世界から
来たエネルギー体のような感じのところがあります。

ですから、自分自身と自分のオーラとの「対話」が出来るようになるのが一番よろ
しいのです。やってゆくうちにだんだんと、自然にそうなっていけるようになるの
がオーラの世界の良いところかも知れません。


suuji06
地球の空気とつながりながら、呼吸を使って自分のところにエネルギーを蓄えつつ
、内なる想いの言葉で意識エネルギーを発生させてゆく、ということがオーラのメ
ソッドです。

そうやっていくうちに、内なる想いの言葉が地球の空気に伝わるようになり、外の
エネルギーが、自分の内なる意識や神経の中に伝わってくるようになります。そう
やって、外は内に、内は外へと、内外が合一交合してゆくのがよろしいのです。


eyegazo (261)
内と外が交わってひとつになってこそ、自分のオーラは、だんだんと「想いどおり
になるオーラ」と変ってゆくのです。そのようにオーラを説明されると、オーラの
世界って楽しい感じがしてきますでしょ?


suuji07
自分の想いが地球の空気に、地球の空気が自分の内部へと、交わってひとつに、重
なりあって一体感へとなってくるころから「オーラ芸」が出てまいります。


100562_355954769211
芸というのは、人を楽しませることです。むずかしいことを言って威張ることの逆
ですから、その芸が楽になるヒーリングになったり、あるいは知恵を生むコンサル
ティングになったりするのです。

自分の能力が開いたり感性が目覚めたりするような瞬間とは、自分のオーラ芸で楽
しく心酔っている瞬間なのです。そんなときは、必ず、自分の外と内が重なり交わ
ってひとつになっている状態であるわけです。


SPN02067
それはまさしく、宇宙に恋しているような感じと言うとちょっと大げさですが、心
境的にはそんな感じですよ。

こういうオーラの世界で自分を高めていく中で、不快なことはあってはならず、常
に楽しく快い世界に向かうことが本筋であります。



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-27 06:54 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■20/みんなヒーリングされたいんだね


suuji01
人間というのは元々「みんなコマッタチャン」でございますから、みなさん本当は
自分から人を愛するチカラなど持ち合わせていないわりには、他人に対しては平気
で自分への愛のチカラを求めて欲しがってくるものでございます。


futari003
人間は誰しも「自分から与える前に、先にあなたからこちらに下さい」という欲得
や、「この人はどのくらい自分を大切にしてくれるのだろう」という値踏み計算能
力などをもって、常に自分が得をするよう、優位に立てるようにと、考えているも
のでございます。

元々人間とはこんなものでございます。元々こんなものですから、「え~~?そう
なの~~?人間ってイヤだな」なんて考えることもありません。人間はみんなコマ
ッタチャン、というのが本来の姿でございます。本来の姿に対して、誰もとやかく
言えないのであります。


kirinn1
みんな、癒されたいのでございます。りゅう仙人のところに寄せられる、「わたし
もヒーラーになりたいんですー」というみなさんからのお声は、もうすでに個人的
願望からくるものではなく、きっと、全人類的な願望からの思いのお声のように感
じるのです。ここでひとつ、あなたも「ヒーリング能力」を目覚めさせてゆきませ
んか?ヒトはみんな、癒されたいのです。


suuji02
しかし、そんな、わたくしごときが、「ヒトを癒す」だなんて大それたことをおこ
なう以上、相当の人格者でなければならないならないのではないか?という考えが
よぎりますが、そんなことはありません。

ヒーリングとは、あくまで「能力」であったり「術」であったり「芸」であるので
す。ヒーラーになるとは、神様になるわけではありませんので、そんなに偉そうに
ならなくてもよろしいのです。そんな偉そうになってしまったら、もうすでにそれ
はヒーラーではなくなってしまいます。


yaritai
この世の中は、ヒーラー、癒し人、エネルギーをくれるという人が求められていま
す。「愛」をくれる人も求められていますね。

この「愛」というものですが、クセモノでございます。ここで言う「愛」とは、映
画の中で出てくるドラマチックな激しい愛情とか、宗教でいう無償の愛とか、倫理
や孔子さまの言う人格者としての愛などとは解釈が違うものかも知れません。


kii
「愛」をそこまで立派なものとして考えなくてもいいのです。「愛」に責任感や包
容力などを刷り込ます考えはやめましょう。「愛」を頭で考えるとロクな解釈にな
りませんので、ここでひとつ、「愛」に対する新しいイデアをお話します。


suuji03
「愛」に対して、あまりにも理想を乗せすぎると、ヒーリング能力に差し支えがあ
ると思い、ここでちょっと「愛」について書いてみますよ。

「愛」とは、あるときは「空気のようなもの」であったり、あるときは「波動の共
鳴や共有した感覚」であったり、またあるときは「意識の方向づけ」であったりし
ます。

りゅう仙人は、何でも物理的な感覚で物事を解釈&説明をします。「愛」を
人間的感情論やら人格論では考えません。人格者=癒し、とは無関係であるからで
す。また、感情=癒しでもありません。


eyegazo (318)
ヒーリングとは、もっと、「無意識的自然界的エネルギー」であって、人間的な情
での癒しなどは、ここではあまりあてはまらない解釈として切り捨てています。

ここでいう癒し・ヒーリングは、「オーラ」を使っておこないます。オーラの感覚
と意識を使っておこないます。オーラは、いわゆる「人間的」な次元ではありませ
ん。オーラとは、光のことを指していいます。人間の身体は、肉体とオーラ体(光
のカラダ)のふたつが重なって構成されて出来ております。


suuji04
さきほど書きました、「無意識的自然界的エネルギー」とは、実は、肉体と重なっ
て存在しているオーラ体のことであります。オーラとは光のことです。光とは、波
長であり波動です。

それは色であったり光の強弱であったり、光の色相や明暗のエネルギーであっ
たりです。「愛」とは(またここで書いてしまいますが)光でございます。光である
からには、すでに人間界レベルではありません。

ヒーラーは、自分のオーラ体(光のカラダ)をコントロールして、病んでいる人・
悩んでいる人・エネルギーのダウンしている人のオーラ体の光をコントロールして
あげる人のことをいいます。病んだり悩んだりしている人のオーラ体の光り方は必
ずどこか暗かったり鈍っていたり弱々しかったりするのです。


mokmokann1
ヒーラーは、自分のオーラ体のコントロールテクニックをもって、ご相談者や患者
さんのオーラ体に接して(と言っても直に接するわけではありません。電話などで
も出来るくらいです。)、ヒーリングをおこないます。

自分のオーラと相手のオーラをつなげます。つなげないと、相手のオーラのコント
ロールができないからつなげてしまうわけです。つまり、オーラでひとつになること
から、ヒーリングが始まるのです。遠くから「気」のエネルギーをシューーーっと当
てるのではないのですね。


suuji05
相手の方からみたら、オーラをつなげてもらえるというだけで、すでにヒーリ
ング状態の初期に入っていると思われます。この「つなげる」というのも「愛」で
すよね。


futarino
ヒーリングするのは、相手の方のオーラ体であって、肉体ではないのです。肉体は
オーラ体の中にありますから、オーラ体へのヒーリングが、そのまま肉体に伝わり
ますし、神経網にも伝わります。

オーラ体は光のカラダですから、地球の空気ととっても親和性があり、地球の空気
のあるところならば、どんなに遠くてもオーラ体とオーラ体は伝わりつながるのです。

地球の空気が、まるでクモの巣のような役目をしています。みんなひとつのク
モの巣の上にいるような感じで、ひとつの空気の中にいるという感じです。

たとえ500キロ離れた人から電話がかかってきても、「自分の目の前の空気の中
にその人のオーラ体がいる」と想うだけで、その人のオーラ体は目の前にやってく
るのです。オーラ体は、「想い」でコントロールすることが出来るのです。


eyegazo (413)
目の前に呼んだ相手のオーラさんに、「どうしたの?」とたずねると、オーラさんは
答えてくれます。相手のオーラさんにヒーリングするのに、ヒーラーが勝手にヒーリ
ングするのではなく、常に「どうやったらいいの?」とオーラさんにリーディングし
ながらヒーリングをするのです。


suuji06
ヒーリングとリーディングは、このように一対になっています。
相手の方のオーラの光り具合をリーディングしたり、暗い光を明るくしたり、ご要
望をリライトメントしたり、というのは、自分と相手のオーラの対話感覚を使って
おこなうことができるのです。

このようなリーディング&ヒーリングは、テクニックとして学ぶことができます。

オーラといえば光。光と言えば色。となりますが、このオーラを色として感覚する
こともテクニックとして学ぶことができます。それはカラーチャートを特別な使い
方を学んでいただければ、このようなテクニックはそんなに苦労しないで会得でき
るのです。


kirei.22
もし、ご自分に「リーディング&ヒーリング能力が潜在的に有るか無いかを知り
たい」というのならば、一度リーディング相談にいらっしゃってくだされば、簡単
なテストをやるだけで、すぐそのお答えはでますので、一度どうぞいらっしゃっ
てくださいませね。



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-26 07:57 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■19/マイナスデータはオーラを鈍らせる


suuji01
ここでひとつ考えたいと思います。何について考えるのかといいますと、「オーラ
はどうやったら思い通りに動いてくれるのだろう?」に尽きますよ。

オーラとは、自分のこれからの未来や将来や、今後の自分の境地をつくるところま
で導いていってくれるための「見えざる乗り物」のようなものですから、ある程度
でも思い通りに動いてくださらないと、困るわけですよね。


tensr
オーラにはハンドルもナビゲーターもついていませんが、ある種の方法でオーラを
「運転」することも、出来なくもないのです。

そうです。自分のオーラは自分で運転をすることが出来るというわけであります。
では、オーラはどうやったらうまく「運転」することが出来るのでしょうね。その
秘密は、「想いの言葉」にあります。


bd
自分のアタマの中って、当然見えないでしょうけれど、いろいろな「言葉」が飛び
交っております。
この「言葉」がオーラに対して「コマンド(命令)」として作用し、オーラはその
「言葉」どおりに動いてしまうわけです。


suuji02
自動車などでしたらハンドルをまわしたりブレーキやアクセルを踏んだりすること
をしてやっと動いてくれますが、オーラは何と「想いの言葉」のデータひとつだけ
で動いてくれるわけです。

なんとハイテクな乗り物なのでしょう。これは考えによっては空飛ぶ円盤よりも、
もっともっと進化した「未来の乗り物」かも知れないわけです。(もちろん、自分が
それに気がつけば、の話ですけれどもね)

オーラとは小さい粒子の集まりで、その粒子ひとつひとつには意識を持っています
ので、ご主人サマからの「想いの言葉」がやってくると、そのとおりに動きます。


annyohoshi
電車やバスには運転席というものがあって、そこに座って外を見渡しながら、自分
がハンドルやペダルなどを操作して運転しますが、実は「オーラという乗り物」に
もちゃんと「運転席」はあるのですよ。


suuji03
ホームページの中の「りゅう仙人の自宅で直接講座」の中に「天とつながったカラ
ダ」をつくる、ということを書いてありますが、ここでいう「天」とは、自分の頭上空間
を指していいます。


hanana
その場所は頭上何センチくらい?とは具体的には言えないものがありますが(おこ
なう人のエネルギーレベルにもよるので)、つまりこの「天」の部分が、「オーラ
の運転席」ですよ、ということなのです。

この運転席から、自分のオーラを運転する、という感じなのですが、これは文章で
はちょっと伝えるのが難しいですよね。

オーラには感覚系メソッドと意識系メソッドがあります。

頭の上の「天」に自分の感覚を集めて、まるでマリオネットでも動かすように自分
のオーラ体と肉体を動かすという、東洋独特の動かしかたを練ることの感覚系トレ
ーニングと、先ほどお話しました「想いの言葉」を「天」から発信することで自分
のオーラを動かす、という意識系メソッドに分かれます。

この章の「マイナスデータはオーラを鈍らせる」は意識系メソッドに入ります。
「天」の部分は、アンテナで言うと、発信アンテナに相当しますので、ここから発
せられる「想いの言葉」の内容によってオーラの行き先が変ってしまうわけです。


440_77s
それで「マイナスデータはオーラを鈍らせる」わけですが、人の心や意識って、わ
ずか数秒間起きる心の不安や悩みや恐怖や迷いが、その後の何ヶ月や何年を
悩ませてしまうことだってあるくらいなのです。それは、そのマイナスな想いの言
葉データがオーラに伝わり、後は勝手にオーラがそのとおりにオートマチック運転
をしてしまうのです。


suuji04
「想いの言葉」がオーラにコマンドを作用させる時間はわずか数秒です。ちょっと
したマイナスな言葉が自分のオーラに影響を与えてしまうのです。

意識の高い人ほどオーラと言葉がつながっていますので、そう考えたら逆に意識の
高い人ほどこういうことが起きるということです。あんまり意識の高くない人なら
ば、たとえ悪いことを考えたり悩んでもそんなにオーラに影響を与えないので、逆
に考えたらこういう数秒単位で自分のオーラを曇らせたり鈍らせたりということも
ないわけです。

成功者の頭の中をリーディングしてみると、周囲の批判や反対意見に負けないよう
な強い「想いの言葉」を持っています。すぐ他人の意見や批判に動かされてしまう
人は、マイナスデータをたくさん持っている人に見られます。自分の考えが無いか
ら、すぐ他人からの言葉で悩まされてしまうわけです。


sennninnc
しかも、一見マイナスデータには見えないマイナスデータというものがあり(これ
が一番困るのですが)、それはどういうタイプのマイナスデータかと言いますと、
「完全主義」「こうならなければならない主義」を持つ人が、以外と弱いオーラの
持ち主かも知れません。


suuji05
現実よりも理想ばかり追い求める人はやがて挫折します。叶えれれる理想ならいい
ですが、ありえないような理想を持ちすぎるとそれは宗教に走るしかありません。

どうなってもあるがまま、ありのまま、何を言われてもいいや!くらいの、自分の
中に頑丈な「想いの言葉」があると、自分のオーラを自分なりに運転することが出
来ます。


suki
「想いの言葉」なんていうと、何だかすさまじい信念の持ち主のように思われがち
ですが、その時その時に、何かをやりたいと思ったとき、それをさえぎらない言葉
さえ出なければいいのだと思います。


love
何かをやろうと思っても、すぐ自分の中に起きる「反対意見」を出す人っています
が、それをやるクセを使うと、さっきまでやる気だった自分のオーラがシナビてし
まったりします。結局、「考えて、ヤメた」ということですべてが終わり、その繰
り返しを一生送ることになります。

無くて七癖という言葉があるとおり、これも癖ですからね。オーラが曇るのも、「癖」
から来ていると思います。自分で考えて自分で反対してヤメてしまう癖は無くし
ましょう。

eyegazo (328)
頭の中の「想いの言葉」とオーラの関係、でした。



   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-25 06:47 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

■18/オーラは愛に効果があります


suuji01
オーラは愛に効果があります。
そのココロは、オーラメソッドをおこなって「オーラが強まる」と、磁石のような「引き
のチカラ」が起きるからです。「オーラが強まる」というイメージは、つい、押しのチ
カラが強くなるという見られ方をされそうですが、実はその逆なのです。


red
人の気持ちを(特に異性を)動かそうとするならば、押すよりも引くほうが、簡単
です。魅力とは、「引きのチカラ」です。ガーっ!っと自己主張されて思いっきり
気持ちをぶつけられると、怖いものを感じるのがあたりまえです。

好きになると、その好きになることじたいが「正しい」ことだと思い込んで、すぐ
押しのチカラになりがちです。たとえ行動が押していなくても、想いのレベルで押
しになっていると、そういうものってヒトは感じてしまうものです。


suki
ヒトにはヒトの気持ちって、わかりません。ヒトって、言っても分かってくれませ
んし、説得しても聞いてはくれません。お互い通じ合ったような気がするのは、お
互いの欲望の都合がたまたま同じようなときに起きたからに他なりません。思いも
願望も期待も要望も、それを相手の人に言っても受け取ってくれません。依存する
と退かれます。


suuji02
「ウザい」という言葉が最近よく日常用語で使われているようですが、まさにその
依存心は「ウザい」と思われるものです。ヒトは言っても伝わらないのです。

「言う」という行為は、時として「押し付け依存」になります。うまく言えば、ど
うかわかりませんが、感情を含ませた「言う」という行為は、相手にウツ状態を起
こさせます。

もう、ホントにどうしようもありません。
ヒト(つまりここでは異性のことですが)とヒトは通じ合えないんだ、という観点
からの発想をしていったほうが、あきらめもつくし、ここからもう一度可能性を見
つけてゆくという視野も生まれるかもしれません。
どうしようもなく、通じ合えない、ヒトとヒト。これがありのままの世界です。愛
情や恋愛に理想の世界を思い込んでも始まりません。


tunagaru
さっきも書きましたように、「オーラが強まる」というイメージは、なんだかパワ
ーがギンギンで近寄りにくいという連想をしてしまうようですが、実は逆です。
オーラが強まると、他者に与える圧迫感や自己主張性はなどはが消えてゆく方向に
なります。


suuji03
オーラが強まるというのは、その人の「引力」が強まるということであって、エネ

ルギーがその人の身体の中心に向かっているような状態になることをいいます。

決して外に向かって放電をしている状態を言う訳ではありません。外から見るとまる
でオーラを発しているかのように見えても、エネルギー的には「引きのチカラ」に
なっているのが「オーラが強まる」という状態です。

オーラとは、細かい生命エネルギー粒子で集まって出来ているとイメージしてくだ
さい。「オーラが強まる」、ということは、オーラそのものの大きさが大きくなる
というのではなくて、このエネルギー粒子の数が増えるということです。


031
同じ大きさのオーラ体積の人がふたりいたとして、強いオーラの人は密度が細かい
状態ですが、弱いオーラの人は密度が粗いということです。

密度の細かい人はそれだけ粒子が集約されていますから、まわりの空気と空間を自
分の内部中心方向に引きつけています。


suuji04
そうやって空気をひきつければ、ヒトはみんな空気の中に生きていますから、空気
のついでにヒトも引きつけてしまうということです。

そんな「引力が強い人」を「オーラが強い」といい、同時に生命エネルギーが強い
ということになります。そういう人のオーラは、「エネルギーが外に漏れない」と
いう状態を作ります。


hanetuki2
そんな、外に漏れないエネルギー状態を持つ人は、魅力や若さや健康なども外に漏
れないということと通じ合い、これままさに仙人そのものであります。

引きつけるオーラを持つ人は「愛」に効果をもたらせます。決して外に発している
オーラではありません。

外に発しすぎているオーラを持つ人は、愛よりもむしろ「性」の方のエネルギーに
変わります。

性とは、自分とは異なるもう半分の存在、つまり「異性」に発して向けられるエネ
ルギーです。


suuji05
性と愛はこのエネルギーの方向性が違ったものです。ただ、これは人によって解釈
も違います。「性が→愛だ」という人もいれば「愛は→性だ」という人もいて、こ
こあたりは答えの無いテーマです。

「性」もオトコとオンナとでは違います。オトコにはオンナの「性」が見えないし
オンナにはオトコの「性」が見えません。見えないから、ひきつけ合えるし、神秘
に見えるし夢を感じるのですね。


kumo
相手の気持ちやカラダを何とか自分のものにしようという思いは、オトコもオンナ
も変わりません。「愛」も「性」も、いづれにしても、相手の獲得です。獲得して
自分のものにしようというのが本能です。

ここでは「オーラ」をツールとして見て、「愛」に効果が出ることだけをお話して
ゆくコーナーです。

ひとつだけ、ヒントとアドバイスと奥義と極意を書きましょう。それは、相手を引
きつけようとする前に、空気を自分にひきつけましょう。それが自分の全身で理解
できるようになると、オーラは愛に効果がでます。空気をひきつけられると相手も
ひきつけます。ヒトは相手は空気の中にいるからです。そう考えると、オーラって
素晴らしいツールであります。


suuji06
今書いたことは、恋愛相手をひきつけるためだけに使えるものではなくて、もっと

大きな広い意味での「オーラ能力」を開くことに通じます。オーラ的なお仕事をし
ようという方には必要な能力です。


11010000749
やがて頭の上にある天空のエネルギーまでひきつけられるようになると「身体の
中のカラダ」の目覚めになりますし「天とつながったカラダ」になるためのベース
にもなります。

目の前の空気に対して撥ね付けないで、自分のカラダにひきつけましょう。やが
て「空気」があなたの愛の能力を引き出してくれるようになりますよ。

ではここで、目の前の「空気サン」とつながることで、自分のオーラの愛の能力を
高めるトレーニングメソッドを書きますね。内容は簡単です。いつも目の前の空気
を見て、その空気とひとつになるイメージをしていってください。

モノを見ないで空気を見るんですよ。空気と自分が交ざってゆくような感じになる
には、静かに座るかして、リラックスしたほうがいいと思います。


suuji07
自分と空気サンとの交わりが自分のオーラの強さを生んでくれます。
空気さんと自分が交わってゆければ確かに自分のオーラの質が変わります。


dP1010055
そしてうまいこと「観音サマ」にでもなりすましましょう。「愛」といっても人間界レベ
ルでのものではそのうちうまくいかなくなる日はやがてやってくるからです。

「愛」とは、本来人間の中にありながら、人間レベルのものではない境地の心かも
しれません。うちなる自分が思わず演じてしまう「観音サマ」があらわれてきます
ように、自分のオーラをいとしんでくださいませ。


   (今回のこの記事は下記ホームページで過去に発表されたものです)

                          035.gif ~*
          あなたの想いの奥をリーディングしてお答えいたします
                 http://futari-no-aura.com/
                      し ら の ゆ き ひ と
                          

[PR]
by shirano-yu | 2014-06-24 07:58 | 美しいオーラの目覚めをあなたに

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう