タグ:ヒーリングのオテテ ( 16 ) タグの人気記事

~*
樹と人がうまく同調できると、目の前にある樹が「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。たいせつなことは「同調」するということ。同調する技法は自分の「意識の使い方」でおこないます。



ですのでこれを文章として説明するのはむずかしいのですが、目の前でやって見せてあげるとすぐにおわかりになります。数秒か数十秒くらいの時間でできます。樹には樹が持っている「クウキの衣」というのを着ています。人にも人の「クウキの衣」というのを着ています。見えない衣装のようなものです。



樹と人は、別々な存在ですので、この両者を直接つなげたり交わるのは不可能です。しかし両者が持っている「クウキの衣」と「クウキの衣」でつなげると、同調は可能となります。同調が深くなってゆきますと「共鳴」へと高まってきます。お互いの間にある空間が濃密になってゆきます。



お互いの「クウキの衣」と「クウキの衣」の間に引力めいたものが生じてきます。遠心力や求心力のようなものも感じます。動きがおきます。太陽系のような動きにちょっと似ています。樹のまわりにクウキの引力を感じられると樹に引き寄せられたり、逆に自分に樹を引き寄せたり。まるで生きている(生きていますが)ものどうしの濃密なコミュニケーションを感じてくるのが不思議であります。



「パートナーは太陽の樹」というネーミングは「エネルギーを与えてくれる樹」との同調のためのメソッドネーミングです。樹は地球と直接根っこを通じてエネルギーを吸い上げております。地球は太陽のまわりを回って太陽のエネルギーをたくさん浴びています。樹が吸い上げているエネルギーは「太陽からのエネルギー」なのです。そういうわけでこのネーミングをつけました。



~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-12 09:46 | エネルギーを与えてくれる樹との出会い
~*
井の頭公園には「エネルギーを与えてくれる樹」があります。イイナと思った樹の前に立って「自分と樹を同調」させてゆきます。同調すれば共鳴して「ひとつのクウキに包まれて」そのクウキが広がってゆくようになります。



自分と樹がひとつになって呼吸をしてゆきます。樹と通じ合ってゆくと身体にエネルギーが充電されてゆくのを感じます。毎日のように井の頭公園に行ってたくさんの「エネルギーを与えてくれる樹」と出会うのが楽しみです。



自分のクウキと樹のクウキを同調させると「動き」が自然に始まります。「ふたり」の?クウキとクウキを引き合わせると動く。反発させると動く。エネルギーを引き寄せれば動く。こちらから樹に入り身すると動く。お互いの回転力で動く。



自分と樹がなんだか意思疎通をしているかのようで、まるで人間といっしょに練習しているかのような錯覚すら起こしてしまいます。とてもモノ言わぬ樹といっしょに練習しているとは思えない時があるのです。


~*
ブルースリーがやっていた詠春拳 には「木人と向かい合って練習する」というのがあります。こちらの方は実際に木人を叩いて鍛えますが、ぼくの方はほとんど樹には触れません。触れない代わりに、両者のクウキを同調と反応で動くという方法を使います。



ただだまって樹と向かい合って立っているだけでは何のアクションもありませんから、両者のクウキを「磁石のように」「太陽と地球のように遠心力を生み出して」「相手のエネルギーを吸い引き出して」動くというものです。樹のまわりをグルグル回ったり、樹に向かって瞬発力を出したり(樹には当てません)、武術のような舞踊のような動きをおこなっています。※実際に中国拳法には八歩で円周をグルグル回る八卦掌という武術があります。



これは、エネルギーを樹が与えてくれているから出来るというものでございます。本当に近頃は「樹が練習のパートナー」のような感覚が強くなってきております。樹は意識を持った生きものです。これってまるで山に棲む仙人のよう?デスカ(笑)


~*
「パートナーは太陽の樹」は、樹と人が同調して「ひとつ」になるためのエネルギーメソッドの名称です。樹とあなたがうまく同調できるとその樹は「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。あなたもエネルギーを与えてくれる樹との出会いに感動してみませんか?

ぼくは毎日のように東京・吉祥寺/井の頭エリアの井の頭公園で樹とのコミュニケーションの練習をしています。もしよろしかったらいっしょに「樹と同調する体験」をしてみませんか?樹にエネルギーをもらえますので健康にもいいですよ。お試し体験も歓迎していますよ(^_^)。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-11 16:21 | エネルギーを与えてくれる樹との出会い
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckの「動き」は、ゆっくり、静かに、螺旋に、タテ回転に、というような「動き」なのですが、これは映像でもお見せしないと言葉だけでは伝わらないご説明ですよね。すみません。



では、ちょっとでも伝わるように書いてみますと、地面の上に真っ直ぐ立って動くという兵隊さんのような姿勢ではありません。同じゆっくり静かでも、中国の太極拳は真っ直ぐな姿勢のまま、ゆっくり静かに動きます。



roll neckという動きは、まるで水の上にあるサーフボードの上に居るかのように、ゆらゆらした足場に居る、という感じです。意識的にアンバランスを作ります。それに「浮いて」います。しっかりしない足場に居るような、自由に傾いてしまうフロアにいるようなところでバランスを取りつつ動くという感じです。


~*
いや、今の説明は間違ってました。それよりも、わざと自分でフロアを揺らしたり、波を起こしたり、フロアを傾けたりしている、というのが正しいかもです。なぜなら、真っ直ぐ平らなところでは「動き」なんて起きないからです。だって、池の水は動かないですよね。



河の水や海の水、大きな湖では波があり、満ち引きもあり、流れています。水が流れるということは、そこが「傾いて」いるからです。地球だって傾いているし、月が公転しながら引力で地球の海を引き寄せて傾かせているからこそ水が動くのです。



roll neckでの「動き」は、まったくそれと同じです。真っ平らでも身体が動くのは、それは筋肉を緊張させているからですが、roll neckではそれはしません。身体のチカラを抜ききって、ゆるゆるにして、自分の意思で地面やフロアを傾けて「動き」を作るのですが、えーと、よけいに???(伝わらなかった)でしたでしょうか?


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-04 19:45 | roll neck/身体内部の∞動き
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckは、ふたりで組んで練習しますが、大切なことはどうやって「動き」が出るのか?というところが大切なところです。それはroll neckでもインターナルリスニングでの「ふたりの音楽瞑想」も同じです。



お互い向かい合うということは、両者の持っている「クウキとクウキ」を合わせて「反応」させて「動き」を出したいからです。勝手に動いてはだめなのですよ。クウキはお互いがそれぞれ持っているものですが、「合わせる」ということをしないと、なにも始まりません。


ただお互いが正面に立って見合っているだけでは「反応」はしませんよ。わかりやすくいいますと、ふたりのクウキとクウキを「混ぜてみる」ことです。化学反応みたいに、「混ぜれば反応」となります。

~*
roll neckの動きは格闘技ではないので「攻める」ということはありません。その代わりに「クウキとクウキを反応させる」という特殊なスタイルを用います。なんだかまるで「お見合い」みたいでしょうか(笑)?



人と人のクウキとクウキではもちろん「反応」は出てくれますが、人と植物さんとでも「反応」は出ます。動物を相手にはやらない方がいいと思います(笑)。動物は動きますしね。寿命も短いのでたいしたエネルギー量はありません。何十年・何百年と生きてゆく大きな植物さんと向かい合って自分のクウキと植物さんのクウキを反応させるのは、かなり深い意識で「反応」してくれますよ。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-03 16:02 | ふたりの音楽瞑想
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニンググ roll neckの練習は、身体と身体の接触というのはほとんどありません。なにしろネーミングからして「当てない~」ですからね。直接接触はほとんどありません。では「接触をほとんどしない」からといって相手を無視して動くのか?というと、そうでもありません。



それは、相手の身体そのものと接触するのではなく、身体のまわりにある「クウキの衣」の方に接触するというスタイルです。「クウキの衣」に関してはこのブログの中のアチラコチラところどころに書いてありますのでお探しになってくださいね。



「クウキの衣」とは云い方を変えれば「気のエネルギーが出ている状態」ともいえますし、「意識が広がって出来たもの」ともいえます。



とにかく、人の身体は「見える肉体だけで出来ているのではない」ということです。ホントです。死んだ身体から出ていないものが生きている身体からは出ています。スピリチュアルな世界ではそれを気、生体、エーテル体、オーラ、プラーナ、などといいまが、このブログではそれらと同じものを「クウキの衣」と呼んでいるだけなのです。



コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckは主に外で、それも特に大きな樹木のあるところでおこないますが、それは樹木が持っている「クウキの衣」をいただけるからです。これはセルフヒーリングにもなりますし、対人感覚の練習にもなります。樹木を相手に対人感覚なんておかしいですが、ホントです。


このページのタイトルである「クウキの衣」の作り方ですが、いちばん簡単なのは「樹木が着ているクウキの衣をはがして自分に着せる」というものです。そんなことしたら植物さんがかわいそうなんて言わないでください。樹木を切ったりするわけではなく、オテテをかざすようにして「まわりを包んでいるクウキ」をいただくだけですから。



この時でも樹木に直接触れたりはいたしません。完全非接触スタイルです。それにいくら樹木から「クウキの衣」をはがしても、人ひとりが取ったくらいでは無くなったりすり減ったりはいたしません。安心していただくことにしましょう。ごちそうさまでした(合掌)。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-02 10:23 | roll neck/身体内部の∞動き
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckはコミュニケーションスタイルとしての練習にもなります。roll neckは相手と組んで練習しますが実際には「当てる」はいたしません。ですので身体と身体のぶつかり合いではなく両者のクウキとクウキの読み合いとなります。



身体と身体での触れ合いやぶつかり合いが無いからといって「何も感じない」わけではありません。身体のまわりにはみなさんどなたでも「クウキ」が出ていますので、このクウキ感覚を最大限に研ぎ澄ませて「相手とのコミュニケーション」のツールとして使うわけです。



実際には身体と身体での触れ合いはないのですが、クウキとクウキでのコミュニケーションは成立しています。クウキは肉眼で見ることはできませんが、このクウキの中にはいろいろな情報データが含まれています。



しかもクウキは身体のまわりや身体の内部を「流動的で形なく」ただよっていますので、相手のクウキに同調することで相手からの「情報」を読み取れるというものです。


~*
クウキをわかるようになれば、自分と相手を同時に感じ取ることが出来ますので「コミュニケーションツール」としてのクウキを使うことができます。ただしアタマを使って相手を感じるのではなくてアタマは休めて「考える身体」になって感じ取ることです。



roll neck という頸椎からの「巻き巻きの動き」はどこまでも身体のチカラを抜いてゆかなと、その動きが出てきてくれません。この動きが出てくれると全身がひとつにつながって「ゆるゆると1本の紐が踊るような動き」になれるのです。



身体の外にはクウキがあり、身体の内側にはroll neck、その状態で自分と相手をコミュニケーションさせるというものです。元々クウキには境界線はありませんので動いているうちに「クウキでひとつ」になるという感覚になってゆくでしょう。



スタイルは「武術風味」となっていますが、当てることも当てられることもないので、緊張したり恐怖感を覚えることもなく、クウキのコミュニケーションができるというものです。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-27 13:14 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その12は、「クウキとクウキが化学反応」です。




リラックスしてふたりがゆんわりと向かい合って、

お互いクウキをオテテで触れ、同じ音楽を聴いていると

ふたりのクウキとクウキが「化学反応」を始めます。



クウキに対して化学反応という云い方はおかしいですが(笑)

ひとりのクウキだとこうはなりません。

ふたりの間のクウキが「化学反応」をして動き出します。


~*
クウキとクウキの共鳴です。

そのままヒーリングの時間の流れになってゆきます。

クウキって、生きているのです。



人の身体にはいくつもの「見えないカラダ」があるといいます。

クウキもそのうちのひとつです。

肉体のカラダと重なっているクウキのカラダです。


~*
クウキのカラダは、化学反応して「クウキの入れ替え作業」を始めます

身体の窓を開けて、外のクウキが入っていっては、また出てゆく。

身体に新しいクウキが入ってきています。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-26 10:17 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*

いっしょに音楽を聴きませんか?

その8は、「いのちの音楽瞑想&ヒーリング」です。



ここでのヒーリングは「患部と音楽を共鳴させる」です。

特にここでは病気治し系のヒーリングをします。

音楽を、お互いに、「患部で聴く」をします。



片方の方は「あるどこか」が悪いとします。

もう片方の人も、その同じ場所で音楽を聴きます。

もちろんお互いそのように約束して音楽をかけます。


~*
お互いは、同じ場所(患部にあたるところ)で音楽を聴きます。

聴いてゆくうちに、共鳴が始まります。



お互いの患部と患部が響き合って、初めのころはもしかして

不快感な波動が出るかもしれません。

これは事前に承諾しておきましょう。



しかしお互いが共鳴し合ってゆけば、浄化されてゆきます。

そうなると、お互いの間には清浄な波動があらわれます。


~*
この技法にはエネルギーを消耗するかもしれません。

しかし消耗した以上の「いのちの音楽瞑想」がきっとありますよ。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-23 13:11 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その5は、「インターナルリスニングとは?」です。

この名称は、音楽の聴き方の技法にネーミングしたものです。



内側に向けて音楽を聴く(オミミを内に向て聴く)というのと

自分の内からの音楽を外に聞かせる、のふたつがあります。



「聴く」ことと「聴かせる」こと。

自分が聴いて、自分の身体に聴かせる。

自分が聴いて内に録音されたものを、それを相手に聴かせてあげる。



これを、音楽瞑想&ヒーリング、ふたりのクウキの動き、

身体の内なる動きの目覚め、脳内エネルギーの目覚め、

などに実用利用します。



「インターナル」とか「内なる」というと、「自分の内側」という

発想になりますが、実はそうではないのです。



下記のサイト↓にありますインターナルリスニングのページには

「自分の内側に限りなく音楽を聴かせてゆくと地球の中に辿り着きます」

と書いてあります。



地球の内部は自分の延長。

だから、自分の内側からエネルギーを出すとは

地球の中からエネルギーを出すということ、

身体は地球から生えている、という意味なのです。


~*
だから本当は、

いっしょに地球とつながって音楽を聴きませんか?

でしょうか(^__^)


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-22 08:27 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その2は、「動きのある共鳴」です。

こちらでは、自由に身体を移動することができます。



自由に、といっても、オテテとクウキが音楽聴いて

そこにおきる「音楽の振動データ」によって動きます。

ふつうにオミミで聴いて、ノリで動いてはいけません。

そんな聴き方では「ふたりの間の共鳴」は起きないからです。


ふたりの間の共鳴のために、お互い相手を意識しないで

音楽を聴きましょう。


~*
意識するのはオテテとクウキと音楽だけでいいのです。

だんだん自分が「クウキ化」してくることを感じてゆきます。

自分がクウキならば、相手もクウキ。

ふたりの「人と人」でなく、ふたりの「クウキとクウキ」です。



「動き」も、両者の間に起きる動きを求めましょう。

一方が一方を「リード」してしまうと「ふたり」にはなりません。


~*
「動き」というからには、オテテだけでなく、両足先にまで

音楽を聴かせてあげると「動き」がでやすくなります。

両足先で音楽を聴けるようになると、ずいぶんと自由度が高まります。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-21 08:22 | いっしょに音楽を聴きませんか?

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう