タグ:共鳴する波動 ( 16 ) タグの人気記事

~*
井の頭公園には「エネルギーを与えてくれる樹」がたくさんあります。まずはこの樹を見つけ、近くによっていって、樹が放っているクウキ圏内に入ることから始まります。この時、樹をジッと見つめるのではなくて、樹のまわりにあるクウキを見るような眼の使い方をしましょう。



樹をそうやってみていますと、視野がぽわんと広がり、その視野が地中にのびている樹の根っこにまで及びます。地上に見える樹だけでなく、地中の見えない部分までも感じてくるのです。



そうやって根っこが感じられてくると、やがては樹から広がる地表の広さまでが感じられてきます。樹と自分がいるこの場所だけでなく、そこから広がる大きな面積です。これもクウキの視野が広がるからでしょう。ひろーい面積の地面と、根っこまで感じる樹と、そして自分とが、ひとつのクウキの視野で包まれています。



「エネルギーを与えてくれる樹」は、ただ前に立っていれば「エネルギーを与えてくれる」わけではなく、自分の方から樹に同調して入ってゆく意識操作のようなことをしてこそ、その意識が樹から自分へとリターンして「与えてくれる」というわけです。人から樹へのコミュニケーション感覚こそが、結果的に「与えてくれる」ということになるわけなのです。※このつづきはまたあしたに~*


~*
「パートナーは太陽の樹」は、樹と人が同調して「ひとつ」になるためのエネルギーメソッドの名称です。樹とあなたがうまく同調できるとその樹は「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。あなたもエネルギーを与えてくれる樹との出会いに感動してみませんか?

ぼくは毎日のように東京・吉祥寺/井の頭エリアの井の頭公園で樹とのコミュニケーションの練習をしています。もしよろしかったらいっしょに「樹と同調する体験」をしてみませんか?樹にエネルギーをもらえますので健康にもいいですよ。お試し体験も歓迎していますよ(^_^)。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-14 11:06 | エネルギーを与えてくれる樹との出会い
~*
「ヒーリング」というと、ヒーリング能力を持った人が患者さんに向かって、えいっ!とエネルギー出してナントカするというように思われますが、それはヒーリングではなくてエネルギー療法の世界です。セラピストの生命エネルギーを患者さんに送るということです。



ヒーリングはそういう方法をとりません。ヒーラーから患者さんに一方的に生命エネルギーを送るのではないのです。患者さんからの病巣を引き受けたり吸い取ったりすることもありません。



ではどういうことがヒーリング(癒し)と呼ばれることでしょうか?わかりやすく書いてみますね。まず、ヒーラーが患者さんの波動を読み取ります。そうするとヒーラーは患者さんと同じ波動になります。


~*
ヒーラーと患者さんが同じ波動になると、そこに同調と共鳴が起きます。つまり、ふたりのクウキの響き合いが起きるのです。そうなりますと、ふたりのクウキとクウキが「膨張して広がる」ようになります。



ヒーラーと患者さんの「ふたり」がいるのですが、「ふたりがひとつの周波数」となっているから「広がる」というものです。そうしますと、止まっていたものが動きだし、閉じていたところが開くようになります。それも自然にです。



ヒーラーが患者さんに「ナニカをシテアゲル」というということは考えずに、シンプルに両者の波長をひとつにすることだけを想うのがヒーリングの世界なのです。



ヒーリングとは、波長コミュニケーションを作る技法といえば、わかりやすいでしょうか?


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-08 14:11 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
地球を通じて人と人がつながるというと、どこかのNPOあたりのスローガンかなにかに聞こえたりしますね。あるいはエコとかロハスとかね。ここで書いているのはそんなんじゃありません。人格者になるためのものではありません。これはれっきとした「メソッド」です。スピリチュアルとかガイア思想でもありませんよ。こういう「テクニック」がありますよというお話しです。



自分と他者・自分と仲間・自分と生徒との間のコミュニケーションとして、こういうことをするのが好きです。自分の身体のまわりのクウキを「呼吸」を使ってふくらませます。しゃぼん玉のようにふんわりとふくらませたら、それをヨコに膨張させるのではなく、真下の地球の中に向けてふくらませるという感じでやります。



自分の身体のまわりのクウキを地中に「埋め込ませる」イメージでね。一旦真下に埋め込ませたら、地中で「気のボール」を作って、相手の人の真下あたりまで「移動」させるのです。


~*
相手の真下にまで自分の「気のボール」を移動させたら、そこから真上に向けて相手につなげてしまいます。ぼくと相手は地中の「見えない地下道」でつながっています。地中に放物線を描いてつながります。



こういうことは相手の人に「だまって」はやりません。どこかのカフェあたりででも、飲みながらでも、練習や講座の時にでも、「ちゃんと説明しながら」いたします。今からぼくはこうやってみるよと。ですので、その場に居る人としか「地球を通じてつながる」はできませんが、これをもっとたくさんの人や、ホントに地球の全部の人と出来たらいいだろうなと思います。



コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニングでは、このような内容のことを練習ではいつもおこなっています。人と人とのコミュニケーションをするための「武術ゴッコ式」ですから、スキを見つけて相手に打ち込むなんて意地悪なことはナシです。こうやってみるから感じてくださいね。どう感じました?といいながら、いつもおこなっているのです。



~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-06 20:42 | 地球を通じて人と人がつながる
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckを、格闘技として、強くなる武術として、護身術としては使えるようにはなっていません。まずこれを書いている本人もそのようなトレーニングはほとんど未経験でございます。元々このroll neckは音楽瞑想・ヒーリング・ダンスメソッドから生まれたのです。



それよりもこのroll neckは、人間関係、コミュニケーション能力、対人感覚、人といっしょにいる空気作り、などのリハビリや改善にはとっても有効ではないかと思います。この世の中は「自分と他人だけ」で出来ています。自分以外の人はみんな「他者」です。この「他者」とうまくいかなくなっていまうと、世界中とうまくいかない、生きている間ずっとうまくいかない、恋愛だってうまくいかない、ひいては、自分ともうまくいかない、ということにもなりかねません。



「人間と人間」は「生身と生身」の付き合いという、こうやって書いているだけでもなんだかナマっぽくなるような気分になりますが、どうもこの「生身」に対するトラウマとかイヤな経験ってどなたにでもたくさんあるかと思います。人間ってよーく考えるとナニ考えているか分かりませんし、ナニされるか分からないという不安はぬぐえませんよね。おかしな事件も絶えませんし。


~*
そんな人間関係にたいして「クウキの包帯」のような役目をしてくれるのがroll neckのトレーニングで使う「身体のまわりに作ったクウキの衣」なのです(クウキに関してはこのブログにたくさん書いてありますのでお読みくださいね)。人間関係に対して、あるいは人間そのものに対して、不安感やうまくいかない緊張感を持ってしまう方には、ぜひともこのroll neckは使えるのではないかと思ったのです。なぜなら、自分に「クウキの包帯」を巻いて、相手の人にも巻いてしまえば、もう「生身」ではないからです。



格闘技や強くなる武術としてや護身術に使えないroll neckは、こういうことでお役に立てればと思うのですが、いかがでしょうか?


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-30 14:47 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckの説明です。えーと、形は武術風に見えても、中身は「動くヒーリング」のroll neckです。人は誰でも「自分の距離ゾーン」に近付かれたり入られると緊張するものです。その距離は約50センチくらいだと言われています。



人の身体には、50センチのあたりに近付かれると警戒心が出るようにセンサーが働くようにできているのでしょう。逆に好きな人(好きなタイプの人)が50センチゾーンに近付かれるとシアワセを感じるのでしょうけれど。人の身体は不思議です。身体からは見えないクウキが出ていて、これが警戒心になったりシアワセ感が出たりですね。



「当てない」武術ゴッコ式トレーニング/roll neckは、この「クウキのセンサー」を利用して練習いたします。相手の人がスローな動きでそろそろと自分の方に掌か拳の形で向かってきます。そのスピード感は「雲が流れる」くらいでしょうか。そのとき、相手からの掌や拳に意識しないで、ひたすら自分のクウキのセンサーの方に意識を向けておきます。



あわや!もう数㎝で身体に相手の掌や拳が触れそうになると、なんと、クウキのセンサーは「自動反応」を起こして「クウキがよけてくれる」ということを、クウキが勝手にやってくれるというものなのです。


~*
ゆっくり・当てない・当てられない・怖くない・痛くない、などが大前提となった相対練習ですから、これで緊張はなくなります。笑いながら練習していても良いくらいです。クウキの自動反応は、緊張していると絶対に出来ません。大大大リラックスしていないと自動反応は起きないのです。



武術風味の「当てない」ゴッコ/roll neckは、そのためにとっても良いトレーニングスタイルなのです。練習スタイルはほとんどが相手と組んでおこないます。相手と組んだ中で身体のチカラを抜き、気持ちもリラックスしてゆきます。仮にひとりだけでリラックスできたとしてても、いざ相手と出会って緊張してしまうのではあまり役に立たないですから、初めから相手と組んでその中でリラックスを見つけてゆくのです。



そんなことをしてゆくうちに、だんだん自分の「クウキの自動反応」を知ることができれば、自分で自分のクウキを信じられるようになってきます。自分の身体のまわりには「自分のクウキがある」ということが確認できるようになれば、それが潜在能力の扉の奥とつながるというものでございます。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-29 06:33 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckはコミュニケーションスタイルとしての練習にもなります。roll neckは相手と組んで練習しますが実際には「当てる」はいたしません。ですので身体と身体のぶつかり合いではなく両者のクウキとクウキの読み合いとなります。



身体と身体での触れ合いやぶつかり合いが無いからといって「何も感じない」わけではありません。身体のまわりにはみなさんどなたでも「クウキ」が出ていますので、このクウキ感覚を最大限に研ぎ澄ませて「相手とのコミュニケーション」のツールとして使うわけです。



実際には身体と身体での触れ合いはないのですが、クウキとクウキでのコミュニケーションは成立しています。クウキは肉眼で見ることはできませんが、このクウキの中にはいろいろな情報データが含まれています。



しかもクウキは身体のまわりや身体の内部を「流動的で形なく」ただよっていますので、相手のクウキに同調することで相手からの「情報」を読み取れるというものです。


~*
クウキをわかるようになれば、自分と相手を同時に感じ取ることが出来ますので「コミュニケーションツール」としてのクウキを使うことができます。ただしアタマを使って相手を感じるのではなくてアタマは休めて「考える身体」になって感じ取ることです。



roll neck という頸椎からの「巻き巻きの動き」はどこまでも身体のチカラを抜いてゆかなと、その動きが出てきてくれません。この動きが出てくれると全身がひとつにつながって「ゆるゆると1本の紐が踊るような動き」になれるのです。



身体の外にはクウキがあり、身体の内側にはroll neck、その状態で自分と相手をコミュニケーションさせるというものです。元々クウキには境界線はありませんので動いているうちに「クウキでひとつ」になるという感覚になってゆくでしょう。



スタイルは「武術風味」となっていますが、当てることも当てられることもないので、緊張したり恐怖感を覚えることもなく、クウキのコミュニケーションができるというものです。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-27 13:14 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その7は、「ふたりが共鳴する原理」です。



音楽を聴いているお互いの身体は「楽器同様」です。

同じ音階を出し合えば同調して共鳴します。



オテテでクウキを触れて、音楽を聴きます。

聴くのはオミミとは限りません。



ふたりで「心臓のハートのチャクラで聴く」と約束して、

音楽を、お互い各自の心臓あたりで聴いてみましょう。



このとき、相手のことを意識する必要はありません。

そういうことをするとかえってうまくいきません。

各自、自分の心臓のあたりのハートのチャクラで聴きます。



瞑想に「人間関係」を入れないようにしましょう。

各自が、ハートのチャクラで聴いて、

各自がその波長になるだけで、ふたりは共鳴します。



決して相手を探らないようにね。


~*
ハートのチャクラは、色だと緑、音階では2500ヘルツ前後。

しかも同じ音楽。

これが「ふたりが共鳴する原理」ですよ。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-23 11:31 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その3は、「ふたりいっしょ感覚を養う」です。



この目的は、ふたりのクウキが共鳴し合って「ヒーリング」

の波動となることですよ。



その練習の相手は、何も人間さまだけでなくてもよろしいのです。

植木鉢でも、コーヒーカップでも、画像でも映像でも。



どんな対象物でもけっこうです。

その対象に向かって「いっしょに音楽を聴きませんか?」

と思って、いっしょに音楽を聴きます。



気の合う人とでは自然に「ふたりいっしょ感覚」が起きますが、

では目の前の消しゴムとでは?(笑)


~*
生きているものでなくても、ホントの人間でなくても、

「いっしょに音楽を聴きませんか?」

と語りかけながら音楽を聴いていますと、だんだん

「ふたりいっしょ感覚」となるものです。



それはつまり、自分側の意識だけで「ふたり」になれる

ということです。

目の前の壁でも、パソコン画面でも、テレビ相手でも、

これはできるものです。



出来るようでしたら、目の前の空気を相手にどうぞ。

目の前の空気の中に仮想の相手を想ってもいいですよ。



コツは、いったん自分の意識を自分と相手に分割して、

そのあと、もう一度つなげるような、そんな感覚です。

自分の中に「自分と相手がいる」のが「ふたりいっしょ感覚」です。


~*
抽象的な技法なので、あまりむずかしく考えないでやりましょう。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-21 12:18 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その2は、「動きのある共鳴」です。

こちらでは、自由に身体を移動することができます。



自由に、といっても、オテテとクウキが音楽聴いて

そこにおきる「音楽の振動データ」によって動きます。

ふつうにオミミで聴いて、ノリで動いてはいけません。

そんな聴き方では「ふたりの間の共鳴」は起きないからです。


ふたりの間の共鳴のために、お互い相手を意識しないで

音楽を聴きましょう。


~*
意識するのはオテテとクウキと音楽だけでいいのです。

だんだん自分が「クウキ化」してくることを感じてゆきます。

自分がクウキならば、相手もクウキ。

ふたりの「人と人」でなく、ふたりの「クウキとクウキ」です。



「動き」も、両者の間に起きる動きを求めましょう。

一方が一方を「リード」してしまうと「ふたり」にはなりません。


~*
「動き」というからには、オテテだけでなく、両足先にまで

音楽を聴かせてあげると「動き」がでやすくなります。

両足先で音楽を聴けるようになると、ずいぶんと自由度が高まります。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-21 08:22 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その1は、「静かな共鳴」からです。



オテテをお互い向け合って、30センチくらい離れます。

立った姿勢がいいですね。

ふたりの間のクウキを意識しながら音楽を聴きましょう。



オミミで聴こうとしなくても、

ふたりの間のクウキがオートマチックで音楽を聴きます。

オテテもクウキといっしょに音楽を聴いています。



音楽は「振動データ」です。

ふたりの間のクウキに音楽がやってくると

ふたりの間には「微妙な振動」がおきてまいります。

この振動現象が「ふたりの間の共鳴」です。


~*
どんな「ふたりの間」になるのかは、相性で変わります。

あまり相手を意識しないで、ただオテテとクウキと音楽を。

音楽の振動データの波に、まかせてみましょう。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-21 06:51 | いっしょに音楽を聴きませんか?

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう