タグ:瞑想の技法 ( 24 ) タグの人気記事

~*
リーディングという究極の「聴き方」があります。しかしこれは音楽を聴いて瞑想に入るための「聴き方」とは違います。リーディングは音楽を聴くのではなくて「人の気持ちを聴く」というものなのです。



リーディングは、「あなたの気になっている相手のお姿を思い浮かべてください」というフレーズから入ります。リーディングはぼくがおこなっている本職なのです。



普段この仕事は電話回線の中だけでおこないます。ご相談者とは電話でお話しいたします。それで、電話の中でご相談者が相手の人のことを思い浮かべますと、ぼくの方には思い浮かべた相手の人の「波動データ」がやってきます。



ご相談者は「相手の人がわたしのことをどう思っているのかを知りたい」とぼくにおたずねしてきます。ぼくのところには相手の人の「波動データ」が来ていますので、ぼくの中で相手の人のに「あの人をどう思っていますか?」とたずねるのです。


~*
そうすると、即座にぼくの方にご相談者をどう思っているのかの答えをくれます。もちろん肉声で答えてくれるのではなく「波動データ」で答えてくれるのですよ。ぼくのところには「ご相談者の波動データ」と「相手の人の波動データ」とのふたつのものが来ています。



その状態で、ご質問をいただくたびにお答えをしてゆきます。ホントのところはどうなのか?どうしたら良いのか?などという「波動対話」をしてゆきます。ふたり分の「波動データ」が来ているときは、ぼくがぼくではなくなり、一瞬一瞬ご相談者になったり相手の人になったりと、多重波動データ状態となっています。



しかしこれで何がなんだかわからなくなるようなことはありません。ちゃんと自分の中では秩序ツリーが出来ているからです。そしてこの「リーディング」というのは「聴く」という感覚を使って相手の人の「波動データ」を読み取っています。「聴く」といってもオミミで聴くのではなくて全身をおおっている「クウキの衣」で聴いているような感じです。


~*
全身をクウキのオミミにして聴く究極の「聴き方」がこのリーディングです。ぼくはこれを誰かに習ったわけでもなく天然でおこなっているのです。これは「無意識的クウキの能力」と呼んでよいものだと思っています。

(※リーディングについての詳しいことはホームページをごらんください。リーディングに関してをたくさん書いてありますのでどうぞ)



~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-04-13 20:08 | リーディングという究極の「聴き方」
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckはコミュニケーションスタイルとしての練習にもなります。roll neckは相手と組んで練習しますが実際には「当てる」はいたしません。ですので身体と身体のぶつかり合いではなく両者のクウキとクウキの読み合いとなります。



身体と身体での触れ合いやぶつかり合いが無いからといって「何も感じない」わけではありません。身体のまわりにはみなさんどなたでも「クウキ」が出ていますので、このクウキ感覚を最大限に研ぎ澄ませて「相手とのコミュニケーション」のツールとして使うわけです。



実際には身体と身体での触れ合いはないのですが、クウキとクウキでのコミュニケーションは成立しています。クウキは肉眼で見ることはできませんが、このクウキの中にはいろいろな情報データが含まれています。



しかもクウキは身体のまわりや身体の内部を「流動的で形なく」ただよっていますので、相手のクウキに同調することで相手からの「情報」を読み取れるというものです。


~*
クウキをわかるようになれば、自分と相手を同時に感じ取ることが出来ますので「コミュニケーションツール」としてのクウキを使うことができます。ただしアタマを使って相手を感じるのではなくてアタマは休めて「考える身体」になって感じ取ることです。



roll neck という頸椎からの「巻き巻きの動き」はどこまでも身体のチカラを抜いてゆかなと、その動きが出てきてくれません。この動きが出てくれると全身がひとつにつながって「ゆるゆると1本の紐が踊るような動き」になれるのです。



身体の外にはクウキがあり、身体の内側にはroll neck、その状態で自分と相手をコミュニケーションさせるというものです。元々クウキには境界線はありませんので動いているうちに「クウキでひとつ」になるという感覚になってゆくでしょう。



スタイルは「武術風味」となっていますが、当てることも当てられることもないので、緊張したり恐怖感を覚えることもなく、クウキのコミュニケーションができるというものです。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-27 13:14 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その11は、「どんなものからでも音楽は聞こえます」です。



生きているものならば、あるいは人間と接しているものからは、

動物でも、植物でも、お店でも、街でも、空気でも、大自然でも、

そこからは「音楽」が聞こえます。



音楽とは「振動」です。

振動にリズムや物語や時間の流れがあれば、

それは「音楽」というジャンルの中に入れることができます。

聴く側の問題でね。



外が見えるカフェに入って、歩く人々が出している「音楽」を聴く

という練習法があります。

もちろん歩く人たちが本当に「音楽」を発しているわけではなく、

「生きて歩いている」だけで、それを音楽として「聴いて」いる、

ということなのです。



完全にリラックスして、目の前のクウキとひとつになって、

外に歩く人からの「音楽」を自分の内側に聴きます。

「振動」として聴きます。

自分がクウキのようになってくると、しだいしだいに、

そういう状態(瞑想状態)になってきます。



自分と対象が「ひとつに重なる感覚」です。

カフェでの練習法はホンの一例ですが、画像でも写真でも映像からでも

これはできるのですよ。


~*
つまり、見える物体として存在している位置と、見えない振動体としての位置は

同じではない、ということになるのでしょうか。

あまり理屈では考えてはいないのですが、これはいつも不思議です。



~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-25 10:24 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その9は、「インターナルヴィジュアリング」です。



インターナルリスニング/内に向けて聴く、の

視覚版「内に向けて視る」です。



ふたりが向かい合ってオテテでクウキに触れ、

同じ音楽をいっしょに聴く、というとき

眼のおきどころや視線など、気になってくるものです。

眼は空間を視る、というのが一番よいのですけれど。



インターナルヴィジュアリングは、眼はパッチリ開けながら

オメメ意識だけは自分の内側に向けて視る技法です。



眼を外に向けると意識も持っていかれます。



何かを鑑賞するにはそれでよいのですが、

ここでは瞑想の技法が必要になりますので

視たものを自分の内に引き寄せて「ひとつ」になる

ことを求めます。


~*
視たものが、自分の内に「見える」。

ひたすらリラックスして、自分に内に向けて視ます。



ほんの微かな感覚ですが、相手が「自分の内」にいる、

という感じが、そのうちにしてくるかもです。

オミミのインターナルリスニングが出来るようになったら

こちらもどうぞ、お試しあれ。


~*
人によっては、こちらの方がお得意の人もいるかもですね。

オミミとオメメの入れ替え版のご説明でした。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-24 08:04 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*

いっしょに音楽を聴きませんか?

その8は、「いのちの音楽瞑想&ヒーリング」です。



ここでのヒーリングは「患部と音楽を共鳴させる」です。

特にここでは病気治し系のヒーリングをします。

音楽を、お互いに、「患部で聴く」をします。



片方の方は「あるどこか」が悪いとします。

もう片方の人も、その同じ場所で音楽を聴きます。

もちろんお互いそのように約束して音楽をかけます。


~*
お互いは、同じ場所(患部にあたるところ)で音楽を聴きます。

聴いてゆくうちに、共鳴が始まります。



お互いの患部と患部が響き合って、初めのころはもしかして

不快感な波動が出るかもしれません。

これは事前に承諾しておきましょう。



しかしお互いが共鳴し合ってゆけば、浄化されてゆきます。

そうなると、お互いの間には清浄な波動があらわれます。


~*
この技法にはエネルギーを消耗するかもしれません。

しかし消耗した以上の「いのちの音楽瞑想」がきっとありますよ。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-23 13:11 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その4は、このワークレッスンのスタイルができるまでのエピソードです。

もともとこれは、ダンスレッスンの中のほんのひとつでした。

これを自然発生的にやり始めたのは、20代前半のころでした。



そのころはまだ瞑想とかヒーリングとかでもなく、

こういう技法を元々持っていたものでもなく、

新しいダンスレッスンを編み出しているうちに

自然に、気が付いたらおこなっていた、というのが、

この、「インターナルリスニング」です。



ステージで使う音楽を自宅稽古場で聴いていたら、

なぜかクウキをオテテで触れながら、聴いていました。

そのままパートナーと向かい合って、このブログに書いてあるように

自然に「ふたりのクウキ」になって、自由に自然に動いていました。



なんだか面白いねと言いながら、それまでサブだったこのワークレッスンが

だんだんメインのワークレッスンになってゆきました。



もっと仲間を呼んでみんなにもやってもらおうよと思って

演劇や舞踏やパフォーマーの人たちを呼んで、やり始めていました。

直感的なワークレッスンですので、あまり言葉での説明はしません。


~*
しかしよく考えたら、このワークレッスンには名前が無かったのです。

身体が自然と動き、仲間やパートナーとも自然におこない、

身体の内側からの自然な動きが出ることに、みんなでよろこびあいました。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-22 07:56 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
向かい合って「ふたりのクウキ」に慣れてきたと思います。

ここから先は、もう少しアクティブな内容にしてゆきます。

「積極的クウキのトレーニング」となります。



※roll neckという名称が付いておりますが、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。この動きこそが「考える身体」にしてくれる重要な身体の使い方です。



今までは相手の人には「クウキに触れる」という感じでした。

ここではさらに強く、相手の人の「クウキをつかむ」でおこないます。

「つかむ」ことで、相手のクウキの動きをよりリアルに感じられます。



もちろんつかむのはクウキの方で、身体をつかまないように。


~*
向かい合って、ゆったりと、太極拳のような動きをやってみましょう。

片方の人が「オテテパンチ」を出して、片方の人がそれをさばくのです。



相手の人の身体に触れてはいけません。

相手に当てずに、自分も当てられない。

相手の人のクウキを察知して、自分はそれに合わせて動きます。



これはちょっとした「クウキの武術ゴッコ」です!



スローにね。

決まった型はありません。


~*
だんだん相手の動きに反応して、自然に動けるようになります。

動きの中での「考える身体」を感じてゆきます。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-19 13:11 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
「技法」として、どうしてもむずかしいものといえば

それは「身体のチカラを抜く」というものだと言い切れます。



この世の中には不思議な「脱力系武術」というものがありまして

身体のチカラを抜けば抜くほど「気のパワー」が出るよ出るよっ!

というものなのです。



そのパワーを使って武術をするのが脱力系武術です。



なーんだ、チカラを抜けば強くなれるのか~と思ってやってみると

これがとってもむずかしい。



人は「生きる」ために身体にチカラを入れているのですが、

その「チカラを抜け」と言われるのは「生きることへの放棄する」

のと同じくらい、たいへんなことです。



身体の各部を順序よく、オテテから始まり足先を経由して

アタマのてっぺん、内蔵の各部、骨格に至るまで、カラダも

ココロも、チカラを抜いてゆきます。



そして、(中途半端にではなく)あるレベルにまでチカラが抜けると、

中枢神経から「脳内デンキ」が出て回転するようになります。

脳内から回転が始まり、それが全身に巡り、外界や、他者にまで、

伝わってゆきます。


~*
この回転運動には roll neck と名付けました。

なんだかシュワ~ン!という感じがなんとも快感なのです。

もちろん外から見てもわからない回転ですよ。



このまま誰かに触れると、そこに「ヒーリング」が起きます。

触れられた相手の人の体の中に回転が伝わるのです。

そこにエネルギーの動きが始まります。



今まで止まって動かなくなっていたところが動き出します。

眠っていたものが起きて動き出すのです。



これを成功するには「極弱にチカラを抜く」をすること。

達人になって「何でも治せる万能の脳内デンキ」でも!?

中枢神経あたりから出せるようになりたいものです。

ぐるぐると~


~*
チカラを抜けば抜くほど強くなるっ!

極弱こそが、最強!?

易でいうところの「陰、極まって陽に成る」の世界でございます。



※roll neckという名称が付いておりますが、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。この動きこそが「考える身体」にしてくれる重要な身体の使い方です。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼  ひ と
                           ▼  

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-18 15:50 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
考える身体エクササイズ/その2は「クウキをわかる」です。

このクウキですが、以下の「3つのクウキ」があります。



1・自分の身体のまわりを包んでいるクウキ。

2・自分でも相手でもない空間としてのクウキ。

3・相手の人の身体まわりを包んでいるクウキ



1番は、自分の身体のまわりを包んでいるクウキが「あるよ」

と「想う」ことから始まります。

あると想えば「ある」し、ないと想えば「ない」のがクウキです。

どうか「あるよ」と想ってくださいね。



2番は、目の前の空間にあるクウキを「オテテで触れる」です。

通常「オテテ」は形の有るものを触れるようになっていまして

クウキなんかを触れても何の感覚も無いかと思います。


~*
パントマイムには「壁を触れながらつたい歩く」のがありますが

あの感じでクウキ触れながら歩くのをやってみましょう。

オテテには本当に「触れている感覚」が出てきますから不思議です。



3番は、相手の身体のまわりを包んでいる「クウキがある」です。

1番で、自分のまわりにクウキがあると想える人でしたら

相手のも「ある」と想えるものです。

自分にあれば相手にもあるし、自分にないと相手のも「ない」としか

想えないものです。



あんまり相手のことをジッと見るとクウキは「見えなく」なります。

焦点を合わさないで全体を見るようにすると「ある」のがわかります。

クウキを見る眼は、形のあるものを見る眼とは違います。



もし「ない」ようでしたら、眼の想像力で「つくって」しまいましょう。

そうしたら、ほら「ある」でしょ?


~*
この3つのクウキが分かれば、あとはもうだいじょうぶです。

次に進めますよ。



※roll neckという名称が付いておりますが、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。この動きこそが「考える身体」にしてくれる重要な身体の使い方です。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-17 13:11 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
新しいタイトルをシリーズで書いてゆきます。

いままで書いてきたことを「総合系メソッド」としてゆきたいからです。

「考える身体エクササイズ」とネーミングしました!

「身体が考えてくれる身体」を作るためのエクササイズとしてまとめてゆきます。



※roll neckという名称が付いておりますが、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。この動きこそが「考える身体」にしてくれる重要な身体の使い方です。



アタマは「知っていることしか知らない」というありのままがありますが

「考える身体」は、知らないことも知っているというありのままがあります



いのちの音楽瞑想も、インターナルリスニングも、アタマではやらずに

「考える身体」としておこないますよ。



ただ、身体といっても、肉体で、筋肉で、ということではなくて

単純に身体全身で、という身体そのものの使い方を、でもありません。

「身体」と名が付くとすぐ運動系のジャンルだと思われてしまいがちですが

「身体は動かさない」のに「考える身体」になっていることだってありますよ。



「座る」ひとつをとっても、考える身体で座るのと、ただ身体を休めて座る

では違う世界になります。


~*
このブログの0001ページから書いた内容はぜんぶ「考える身体」です。



目の前の空気を視ること、地球の地表とつながること、内に向けて聴く、

空気をオテテで触れる、音楽をオクチでくわえる、足先に音楽を聴かせる、

そのようなわけのわからないことは「考える身体」の得意といたします。



音楽瞑想だからといって、ぼーーーっとして音楽を聴いているだけだ

なんてと思ってはいけません。

何も生まないリラックス瞑想なんかでは「ただ休んでいる」と同じです。



瞑想とは静かに全身フル回転している「考える身体」になることです。

いのちって、静かに全身フル回転していることをいいます。

だらっと止まっているのはいのちではありませんね。



目の前の空気だって、静かにフル回転しています。

その空気を自分に呼び込むからこそエネルギーになります。



「身体」と名の付くものだからといって、運動会をするわけでもなく

静かに風景を見ていても「考える身体」で視ると、それはフル回転です。


~*
ではこの「軽くまえがき」をよーくご理解された後に、次のページからの

「考える身体エクササイズ/本編」をお読みになっていってください。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-17 09:56 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう