0044/roll neck 考える身体エクササイズ その8/オクチの中に音楽を

~*
前回のオクチとクウキがつながって、オクチの中に「空気飴」を、の

次に入ってゆきます。



前に、オテテでクウキを触れて、オテテで音楽を聴くというのが

ありましたが、それにオクチをオプションしたものとなります。



アレもコレもと、感覚を重ねて連動させることが増えますが、

そのうちオテテもオクチもつながってひとつになります。

バラバラに使っていたのでは「考える身体」ではありません。



さて。オクチの中のクウキに音楽を聴かせるとどうでしょうか?

「考える身体」は抽象的な技法の世界ですから、これが正しい!

という答えはありません。


~*
やってみて「好き」になった技法を大切にすればよいのです。

オクチの中のクウキに音楽を聴かせるとどうなるでしょう?

その答えは各自ちがいます。



聴く音楽の種類にもよりますし、聴いて身体が動き出す人、

聴いて心が静まる人、聴いて誰かとつながりを求める人、

いろいろな人がいると思います。



絵と同じで、こうやらなければならないというのはありません。



クウキと音楽と身体の各部を材料に、絵の具で色を作るように

まぜたり、絵筆で自由に描くようにすればよいのです。



オクチの中は体内全身とつながる入り口です。

身体の中でオクチからおなかへ、背中へ、足の先へ、オテテへ、

と自由に聴いた音楽が移動するようにもなります。


~*
身体の中に「元気が無いところ」があったら音楽を聴かせて

あげましょう。

おなかの中が踊り出すかもしれませんよ(^__^)



※roll neckという名称が付いておりますが、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。この動きこそが「考える身体」にしてくれる重要な身体の使い方です。



~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

by shirano-yu | 2014-03-18 08:58 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう