<   2014年 03月 ( 71 )   > この月の画像一覧

~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckは、本当ならば相手の人がいてお互いの「クウキの衣」を感覚しながら反応したり動いたりしながらお互いの感想を語りながらおこなうのが楽しいのです。しかし練習する相手がいないものはいないのですからひとりイイコで練習しなければなりません。



そんなときにコッソリ行く場所があります。井の頭公園の中の大きな樹木がたくさんあるエリアです。roll neckはお互いの「クウキの衣」と「クウキの衣」のコミュニケーションです。この「クウキの衣」は想像力や呼吸法や思い込みで作ったものですが、これはエネルギーを集めることで出来上がる「エネルギーの衣」でもあるわけです。



エネルギーというからには「生きている」ものならばみんな「クウキの衣」を持っているわけです。生きているものといえば、人間以外には動物さんか植物さんとなりますが、あまり小さいものやチョコチョコ動くものだと「クウキの衣」も小さいはずです。



それで大きな樹木のそばに行くのです。朝の時間がいいですね。お気に入りの樹木を見つけてそばに寄ります。そうすると、感じます感じます。大きな樹木は人間と違って寿命も長いわけですから、持っている生命力だって強いわけです。


~*
いい感じの樹木を見つけてはそばによって「クウキの衣」に触れます。そして触れたままroll neckの動きの練習をするのです。樹木の方には触れませんよ。「クウキの衣」の方を触れますよ。それをやってゆくと、クウキの反応現象としての動きが自然に始まります。そのまま樹木のまわりをゆっくりグルグル回ったり、根っこのそばでひとりで動きます。自然に身体が動き出すのです。




その「クウキの衣」の分厚さとか感触はすごいもので、日々朝から晩まで働きすぎて疲れ切った人間の何倍もの「クウキの衣」があるのです。おもむろに近付いては「クウキの衣」に触れて、そっと自分の方に引き寄せます。すると、ジワンジワンと自分の方に「クウキの衣」の波動が入ってきますので、両手を合わせて「いただきます」をいたします。



すごいです。大きな樹木の生命力。また明日の朝、お伺いいたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。ごちそうさまでした。屋外での練習はこんなイイコトがいっぱいです。練習相手がいなくても、こんなに素敵なパートナーが公園に行けば待っていてくれるのです。



~*
「パートナーは太陽の樹」は、樹と人が同調して「ひとつ」になるためのエネルギーメソッドの名称です。樹とあなたがうまく同調できるとその樹は「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。あなたもエネルギーを与えてくれる樹との出会いに感動してみませんか?

ぼくは毎日のように東京・吉祥寺/井の頭エリアの井の頭公園で樹とのコミュニケーションの練習をしています。もしよろしかったらいっしょに「樹と同調する体験」をしてみませんか?樹にエネルギーをもらえますので健康にもいいですよ。お試し体験も歓迎していますよ(^_^)。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-31 17:04 | エネルギーを与えてくれる樹との出会い
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckを、格闘技として、強くなる武術として、護身術としては使えるようにはなっていません。まずこれを書いている本人もそのようなトレーニングはほとんど未経験でございます。元々このroll neckは音楽瞑想・ヒーリング・ダンスメソッドから生まれたのです。



それよりもこのroll neckは、人間関係、コミュニケーション能力、対人感覚、人といっしょにいる空気作り、などのリハビリや改善にはとっても有効ではないかと思います。この世の中は「自分と他人だけ」で出来ています。自分以外の人はみんな「他者」です。この「他者」とうまくいかなくなっていまうと、世界中とうまくいかない、生きている間ずっとうまくいかない、恋愛だってうまくいかない、ひいては、自分ともうまくいかない、ということにもなりかねません。



「人間と人間」は「生身と生身」の付き合いという、こうやって書いているだけでもなんだかナマっぽくなるような気分になりますが、どうもこの「生身」に対するトラウマとかイヤな経験ってどなたにでもたくさんあるかと思います。人間ってよーく考えるとナニ考えているか分かりませんし、ナニされるか分からないという不安はぬぐえませんよね。おかしな事件も絶えませんし。


~*
そんな人間関係にたいして「クウキの包帯」のような役目をしてくれるのがroll neckのトレーニングで使う「身体のまわりに作ったクウキの衣」なのです(クウキに関してはこのブログにたくさん書いてありますのでお読みくださいね)。人間関係に対して、あるいは人間そのものに対して、不安感やうまくいかない緊張感を持ってしまう方には、ぜひともこのroll neckは使えるのではないかと思ったのです。なぜなら、自分に「クウキの包帯」を巻いて、相手の人にも巻いてしまえば、もう「生身」ではないからです。



格闘技や強くなる武術としてや護身術に使えないroll neckは、こういうことでお役に立てればと思うのですが、いかがでしょうか?


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-30 14:47 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckで使うものに「身体のまわりのクウキの衣」というのがあります。このブログの中にはクウキのことをたくさん書いてありますので、クウキについてお知りになりたい方は、このブログの一番初めからお読みになってくださればおわかりになりますよ。



まずは自分の身体のまわりにあるクウキを「想像」しましょう。あるいは「呼吸」で作ります。どうやってもそんなクウキなんか感じられない人の場合では「思い込み」も大歓迎いたします。身体のまわりのクウキの衣をやさしくイメージするとしたら、「クウキで作った着ぐるみのようなものを着ている」と思えばよろしいのです。



クウキですからね。アルと想えればアルし、ナイと想ってしまえばナイのです。そして次に大切なことは「身体とクウキが離れない」ことです。天ぷらだって衣がはずれるのはいやですよね。はずれてしまった天ぷらの中身と衣を別々に食べたって美味しくもなんともありませんね。身体とクウキもはずれたり離れたりさせてはいけません。なにしろクウキは軽い。軽いから離れてゆきやすいのです。



そのために、クウキの衣を身体に接着させておかなければなりません。どうやって?呼吸をやや「吸い」の状態にしておいて引きつけておくこと。それを眼でクウキの衣を「見ておく」こと。ちゃんと見ていればクウキの衣は離れません。ちょっと眼が他のものにとらわれると離れやすくなります。



他には、自分で自分のクウキを抱くようにして離さない。特に指先の先端でクウキの衣を「ややつかむ」ようにしておくこと。そうするとつかまれたクウキの衣は離れません。


~*
このイメージができましたら、ここからやっと相手の人と向かい合います。相手の人にもクウキの衣はあります。アルと思ってください。自分の身体にクウキの衣がアルと思える人ならば相手の人にもそれがアルと思えるというものです。そうやって、自分と相手の両方の人にクウキの衣がアルと思えることが大切です。



なにしろ、ほとんど相手に触れない・当てたりしない・当てられることもない、となると、何を頼りに相手と接して良いのやら、わからなくなります。そこでそのために「頼りになるクウキのセンサー」が必要です。それが「身体のまわりのクウキの衣」なのです。つまり、自分と相手は「クウキの衣と衣」で触れあっているように「想える」かどうかが大切な感覚となってきます。



だいじょうぶ。慣れるとだんだんホントにクウキの衣が「アル」とわかってきます。そのクウキの衣と衣を接触させて「当てない」武術ゴッコ式トレーニング roll neckをいたします。不思議ですが、roll neckの練習をハタからみていると、クウキの衣がアルということを言われます。なんだか両者がひとつのクウキに包まれたまま両者が動いているように見えるらしいのです。



なんて。こういうことを文章でお読みになっても理解できないかもしれませんが、ぜひこの感覚を体験していただきたいと思います。コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckの「当てない」は、確かに相手に当ててはいませんが、「クウキの衣が相手に当たっている」という説明でおわかりになっていただければと思います。もちろんクウキの衣が当たっても痛くも怖くもありません。逆に不思議な安心感があります。なにしろ元々「ヒーリングのメソッドから生まれたもの」ですから。どうぞご安心くださいませ。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-30 14:20 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckの説明です。えーと、形は武術風に見えても、中身は「動くヒーリング」のroll neckです。人は誰でも「自分の距離ゾーン」に近付かれたり入られると緊張するものです。その距離は約50センチくらいだと言われています。



人の身体には、50センチのあたりに近付かれると警戒心が出るようにセンサーが働くようにできているのでしょう。逆に好きな人(好きなタイプの人)が50センチゾーンに近付かれるとシアワセを感じるのでしょうけれど。人の身体は不思議です。身体からは見えないクウキが出ていて、これが警戒心になったりシアワセ感が出たりですね。



「当てない」武術ゴッコ式トレーニング/roll neckは、この「クウキのセンサー」を利用して練習いたします。相手の人がスローな動きでそろそろと自分の方に掌か拳の形で向かってきます。そのスピード感は「雲が流れる」くらいでしょうか。そのとき、相手からの掌や拳に意識しないで、ひたすら自分のクウキのセンサーの方に意識を向けておきます。



あわや!もう数㎝で身体に相手の掌や拳が触れそうになると、なんと、クウキのセンサーは「自動反応」を起こして「クウキがよけてくれる」ということを、クウキが勝手にやってくれるというものなのです。


~*
ゆっくり・当てない・当てられない・怖くない・痛くない、などが大前提となった相対練習ですから、これで緊張はなくなります。笑いながら練習していても良いくらいです。クウキの自動反応は、緊張していると絶対に出来ません。大大大リラックスしていないと自動反応は起きないのです。



武術風味の「当てない」ゴッコ/roll neckは、そのためにとっても良いトレーニングスタイルなのです。練習スタイルはほとんどが相手と組んでおこないます。相手と組んだ中で身体のチカラを抜き、気持ちもリラックスしてゆきます。仮にひとりだけでリラックスできたとしてても、いざ相手と出会って緊張してしまうのではあまり役に立たないですから、初めから相手と組んでその中でリラックスを見つけてゆくのです。



そんなことをしてゆくうちに、だんだん自分の「クウキの自動反応」を知ることができれば、自分で自分のクウキを信じられるようになってきます。自分の身体のまわりには「自分のクウキがある」ということが確認できるようになれば、それが潜在能力の扉の奥とつながるというものでございます。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-29 06:33 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckのページへようこそです。本日のお話しは「チカラを使わない」です。

身体を動かす世界において、「身体のチカラを使わない」「身体のチカラを抜く」という言葉ほどインチキ臭い言葉はありません。これはみんなに言われます。身体のチカラを使わないでどうやって動くんですか!?え!?どーなの?



いや。ごもっともでございます。それについてわかりにくいかもしれませんがご説明いたします。



ココロには表面意識と潜在意識と無意識という、3層構造になっているのはご存じでしょうか?表面意識というのはいま現在揺れ動いたり感じたりしているココロで、潜在意識というのはいままで生きてきた記憶から構成されているココロ、無意識というのは本人は気づいていない深い意識で、地球とつながっているとかいのちとつながっているという生命意識のことです。



ココロにもこのように何層にもなっているのですから、身体のチカラも同じように何層にもなっているのです。表面的な筋肉のチカラ。潜在意識的な液体のような気血の流れのチカラ。さらに奥の無意識レベルのチカラ。roll neckの動きは潜在意識的な液体の流れのような、無意識レベルのようなチカラのことをいいます。



奥に眠っているココロやチカラを出したいがために、表面意識を意識的に止めたり、表面的なチカラを意識的に抜いたりすることを「身体のチカラを使わない」とか「身体のチカラを抜いて」という表現をしています。


~*
roll neckは本物の武術でもなければ護身術でも格闘技でもありません。クウキとクウキのコミュニケーション武術ゴッコの類でございます。相手に「当てない」し、ほとんど触れることも無いトレーニングスタイルです。当てない・触れない。だからこそ一番大切な「身体のチカラを抜く」がやりやすいのです。当たる・触れるは、どうしても緊張が起きてしまいますから、それですとroll neckは目覚めにくいわけです。



roll neckは身体の内部で眠っています。眠れるroll neckを「身体のチカラを抜く」ことで目覚めさせてあげましょう。文章で書いてお伝えするのはこのくらいしかできません。人によってはroll neckなんてたいしたことないことかもしれませんが、それでも自分の内の世界を目覚めさせるにはわかりやすいシンプルなトレーニングスタイルかと思います。



~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-28 03:41 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckはコミュニケーションスタイルとしての練習にもなります。roll neckは相手と組んで練習しますが実際には「当てる」はいたしません。ですので身体と身体のぶつかり合いではなく両者のクウキとクウキの読み合いとなります。



身体と身体での触れ合いやぶつかり合いが無いからといって「何も感じない」わけではありません。身体のまわりにはみなさんどなたでも「クウキ」が出ていますので、このクウキ感覚を最大限に研ぎ澄ませて「相手とのコミュニケーション」のツールとして使うわけです。



実際には身体と身体での触れ合いはないのですが、クウキとクウキでのコミュニケーションは成立しています。クウキは肉眼で見ることはできませんが、このクウキの中にはいろいろな情報データが含まれています。



しかもクウキは身体のまわりや身体の内部を「流動的で形なく」ただよっていますので、相手のクウキに同調することで相手からの「情報」を読み取れるというものです。


~*
クウキをわかるようになれば、自分と相手を同時に感じ取ることが出来ますので「コミュニケーションツール」としてのクウキを使うことができます。ただしアタマを使って相手を感じるのではなくてアタマは休めて「考える身体」になって感じ取ることです。



roll neck という頸椎からの「巻き巻きの動き」はどこまでも身体のチカラを抜いてゆかなと、その動きが出てきてくれません。この動きが出てくれると全身がひとつにつながって「ゆるゆると1本の紐が踊るような動き」になれるのです。



身体の外にはクウキがあり、身体の内側にはroll neck、その状態で自分と相手をコミュニケーションさせるというものです。元々クウキには境界線はありませんので動いているうちに「クウキでひとつ」になるという感覚になってゆくでしょう。



スタイルは「武術風味」となっていますが、当てることも当てられることもないので、緊張したり恐怖感を覚えることもなく、クウキのコミュニケーションができるというものです。


~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-27 13:14 | コミュニケーションとしての武術ゴッコ式
~*
コミュニケーションとしての「武術ゴッコ式」トレーニング roll neckは、当てない・当てられない・痛くない・怖くないという、今までありそうでなかった「武術風味」練習スタイルです。



インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは「静」の世界のメソッドですが、このroll neckは同じくインターナルリスニングのメソッドから生まれた「動」の世界です。呼吸を重視しながら体のチカラを抜いて、ゆっくりと柔らかく動きます。



roll neckというネーミングは、身体のチカラを抜ききると頸椎あたりからゼンマイのような「巻き巻きの動き」が出て、この動きが全身を導いてくれますので、この名称を付けました。筋肉を固めずに身体のチカラを抜いて内側からエネルギーを生みだします。



相手と組んで練習しますが、相手に対しても「絶対に当てないよ」を約束して柔らかくゆっくりと動いてゆきます。痛くない・怖くないので、緊張しない練習を持続できます。


~*
全身の筋肉のチカラは抜きますが、その代わりに魔法の筋肉/ブリージングマッスル(呼吸筋)を使って動きをつくります。これによって身体の中に生命エネルギーが流れるようになります。



相手の動きを察知する感覚が目覚めてゆきますのでコミュニケーション能力も学習できます。もちろんこの動きの原理はいろいろなスポーツに応用できます。なにか他にスポーツやダンスをやっている方にも効果が出るように使えます。



ときには音楽を使ってダンス風味で練習もしてみましょう。このブログに書いてあることやホームページに書いてあることは全部roll neckの練習に使えます。オクチの中で音楽を使いながら動くととっても楽しいものですよ。



音楽瞑想&ヒーリングの「静」の世界とroll neckの「動」の世界。「ひとり」でおこなう世界と「相手」とおこなう世界。このふたつがあってこそバランスなのです。


~*
「パートナーは太陽の樹」は、樹と人が同調して「ひとつ」になるためのエネルギーメソッドの名称です。樹とあなたがうまく同調できるとその樹は「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。あなたもエネルギーを与えてくれる樹との出会いに感動してみませんか?

ぼくは毎日のように東京・吉祥寺/井の頭エリアの井の頭公園で樹とのコミュニケーションの練習をしています。もしよろしかったらいっしょに「樹と同調する体験」をしてみませんか?樹にエネルギーをもらえますので健康にもいいですよ。お試し体験も歓迎していますよ(^_^)。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-27 10:26 | roll neck/身体内部の∞動き
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その12は、「クウキとクウキが化学反応」です。




リラックスしてふたりがゆんわりと向かい合って、

お互いクウキをオテテで触れ、同じ音楽を聴いていると

ふたりのクウキとクウキが「化学反応」を始めます。



クウキに対して化学反応という云い方はおかしいですが(笑)

ひとりのクウキだとこうはなりません。

ふたりの間のクウキが「化学反応」をして動き出します。


~*
クウキとクウキの共鳴です。

そのままヒーリングの時間の流れになってゆきます。

クウキって、生きているのです。



人の身体にはいくつもの「見えないカラダ」があるといいます。

クウキもそのうちのひとつです。

肉体のカラダと重なっているクウキのカラダです。


~*
クウキのカラダは、化学反応して「クウキの入れ替え作業」を始めます

身体の窓を開けて、外のクウキが入っていっては、また出てゆく。

身体に新しいクウキが入ってきています。


~*
インターナルリスニング/いのちの音楽瞑想&ヒーリングは、瞑想の技法としての「音楽の聴き方」をすることで、身体の内側に「気のエネルギー」が巡るようになります。聴いた音楽が気のエネルギーに変わるという「聴き方」がインターナルリスニングです。

音楽を聴くのがお好きな方。音楽を使って身体を動かす方。地球とひとつになりたい方。パートナーがいらっしゃる方はごいっしょにインターナルリスニングをすることで良い相性になってゆきます。詳しくはホームページをどうぞ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-26 10:17 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その11は、「どんなものからでも音楽は聞こえます」です。



生きているものならば、あるいは人間と接しているものからは、

動物でも、植物でも、お店でも、街でも、空気でも、大自然でも、

そこからは「音楽」が聞こえます。



音楽とは「振動」です。

振動にリズムや物語や時間の流れがあれば、

それは「音楽」というジャンルの中に入れることができます。

聴く側の問題でね。



外が見えるカフェに入って、歩く人々が出している「音楽」を聴く

という練習法があります。

もちろん歩く人たちが本当に「音楽」を発しているわけではなく、

「生きて歩いている」だけで、それを音楽として「聴いて」いる、

ということなのです。



完全にリラックスして、目の前のクウキとひとつになって、

外に歩く人からの「音楽」を自分の内側に聴きます。

「振動」として聴きます。

自分がクウキのようになってくると、しだいしだいに、

そういう状態(瞑想状態)になってきます。



自分と対象が「ひとつに重なる感覚」です。

カフェでの練習法はホンの一例ですが、画像でも写真でも映像からでも

これはできるのですよ。


~*
つまり、見える物体として存在している位置と、見えない振動体としての位置は

同じではない、ということになるのでしょうか。

あまり理屈では考えてはいないのですが、これはいつも不思議です。



~*
想い浮かべてみてください。あなたの気になる相手のお姿や声を。「相手の気持ちリーディング相談」は、電話回線の中であなたが思い浮かべるだけですぐに「相手の気持ち」をリーディングして、そのお答えをあなたにお伝えいたします。

また、ご希望の方には「ふたりのオーラの修正ヒーリング」をも電話回線でおこなっています。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-25 10:24 | いっしょに音楽を聴きませんか?
~*
いっしょに音楽を聴きませんか?

その10は、「音楽をかけない音楽瞑想?」です。



実はこちらの方がホンモノの音楽瞑想です。

インターナルリスニングとは「内側に向けて聴く」ですが、

さらに高まると「内側からの音楽を聴く」になります。



これは一度聴いた音楽をオクチの中に「録音」したものを

オクチの中で「再生」して音楽瞑想に使うということです。

なんか、へんで不思議ですよね?


~*
ふたりやわらかいクウキになって、向かい合います。

一度、いっしょに音楽を聴きいて、これをオクチに録音します。

聴きながらオクチでなぞれば録音の出来上がりです。



次に音楽を止めて、オクチの中で、無音で再生します。

音楽は「振動データ」ですから、オクチから全身に振動が伝わり

身体のまわりのクウキに伝わり、ふたりのクウキに振動がきます。



このクウキの振動がふたりの間の「ヒーリング&共鳴現象」となります。

見えないクウキがちゃんと振動して響いてくれているのです。



~*
片方の人づつおこなってもいいですし、両方の人いっしょでも。

オクチの中の音楽の中に何か「願いごと」を混ぜるのも、アリですよ。


~*
「パートナーは太陽の樹」は、樹と人が同調して「ひとつ」になるためのエネルギーメソッドの名称です。樹とあなたがうまく同調できるとその樹は「エネルギーを与えてくれる樹」となってくれます。あなたもエネルギーを与えてくれる樹との出会いに感動してみませんか?

ぼくは毎日のように東京・吉祥寺/井の頭エリアの井の頭公園で樹とのコミュニケーションの練習をしています。もしよろしかったらいっしょに「樹と同調する体験」をしてみませんか?樹にエネルギーをもらえますので健康にもいいですよ。お試し体験も歓迎していますよ(^_^)。詳しくはホームページをごらんくださいませ。

                          035.gif ~*
            ★「パートナーは太陽の樹」のページです★
              リーディング&ヒーリング相談もどうぞ
                 http://futari-no-aura.com/
                                      し ら の ゆ き ひ と
                           ▼ 

[PR]
by shirano-yu | 2014-03-25 08:36 | いっしょに音楽を聴きませんか?

いきなり外の世界に心を向けようとしないで、いったん自分の脳の中に入りましょう。そこには自由で思い通りの世界があります。まず自分の脳の中に入って、そこからあらためてコントロールをするという手もありますから。


by りゅう